50のソーシャルメディアビジネスのベストアイデア20

ソーシャルメディアビジネスを始めたいが、やりたいことニッチに行く? 「はい」の場合、2021年のソーシャルメディア関連ビジネスアイデアのベストチャンスは30個です。

ソーシャルメディアは、かつての家族のプラットフォームである過去から大きく変化しました。友だちが手を差し伸べたりします。しかし今日、企業はさまざまな原因を促進するためにソーシャルメディアを使用し始めています。

2017年には、米国企業の90%がマーケティング目的でソーシャルメディアを使用していたと計算されました。繰り返しになりますが、企業の70%は製品やサービスを宣伝するためにFacebook広告を選択していました。さらに、マーケティング担当者の90%近くは、ソーシャルマーケティングの取り組みによりビジネスへの露出が増加したと答え、75%はトラフィックが増加したと答えています。

これは、ソーシャルメディアの知識が絶対に不可欠な部分であることを示すためだけのものです。経営のマーケティングの可能性が大きいため、ソーシャルメディアを中心に多くのビジネスを構築できます。

ソーシャルメディアとその絶え間なく変化するアルゴリズムを本当に理解しているなら、その周りでビジネスを始めることを考え始めるべきです。この記事では、ソーシャルメディアに関連するさまざまなビジネスを紹介します。

50ベストソーシャルメディアビジネスのアイデア2021年の機会

  1. ポストクリックマーケティング担当者になる

ポストクリックマーケティングは、ウェブサイトの訪問者がオンライン広告をクリックした後、ウェブサイトの訪問者を引き付ける方法です。クリック後マーケティングの目的は、訪問者が情報の要求、詳細の登録、オンライン購入などの行動を取るように促すエクスペリエンスを作成することです。ソーシャルメディアですぐに収益を上げたい場合は、ポストクリックマーケティング担当者として開始できます。

  1. クリック課金型マーケティング担当者になる

クリック課金型マーケティングは、検索エンジン広告を使用して、クリックを有機的に「獲得」するのではなく、ウェブサイトへのクリックを生成する方法です。以前は最も人気のあるPPCプラットフォームであったGoogle AdWordsとして知られているGoogle広告は、ユーザーがキーワードに入札し、広告のクリックごとに料金を支払うクリック課金モデルで動作します。クリック課金のマーケティング担当者としてビジネスを開始できます。

  1. ソーシャルメディアのエキスパートになる

ソーシャルメディアは、現代のマーケティングの世界で最も強力なツールの1つです。過去10年間、ソーシャルメディアはインターネットよりも急速に成長しています。そして、すぐに遅くなることはありません。現在、人口の約3分の1が何らかのソーシャルメディアプラットフォームを使用しています。企業がこのユニークなマーケティング機会を活用しようとしていることは驚くべきことではありません。

しかし、ほとんどの企業、多くのハイテク企業でさえ、さまざまなソーシャルプラットフォームを活用して目標を達成する方法を理解していません。 。これにより、ソーシャルメディアマーケティングは、学習と育成に欠かせないスキルセットとなります。このスキルをお持ちの場合、今こそあなたが組織に自分を売り始める時です。

  1. ソーシャル分析/マーケティングスペシャリスト

ソーシャルメディアマーケティングはFacebook、Twitter、その他のソーシャルプラットフォームの台頭により大きな需要がある業界。すべての主要なビジネスブランドは、ソーシャルメディアでの存在感を高めたいと考えています。デジタルマーケティングの最も重要な部分の1つは分析です。前述のすべてのスキルを習得できますが、分析の力がなければ、常に片手を背中の後ろで縛って戦うことになります。

マーケティングキャンペーンでは、テストを実行し、データを追跡することが不可欠です。 、そのデータを分析して、マーケティングの停滞を改善および克服する方法を判断します。あなたができる最高のデジタルマーケティング担当者になるには、他のマーケティング活動を分析し、学んだことに基づいて改善を行う必要があります。これは、マーケティングスキルを高速レーンに真に投入し、真の成功を収める唯一の方法です。

  1. クラウドファンディングコンサルタント

ソーシャルメディアは、クラウドファンディングを使用して資金を調達したい企業にとって不可欠なツールです。したがって、クラウドファンディングコンサルタントとしてビジネスを構築し、それらのビジネスがソーシャルメディアやその他のサービスを宣伝するのを支援できます。クラウドファンディングは、企業が業務を遂行するためにお金を稼ぐ方法の1つであることを知っていれば、スキルが必要になります。

  1. スポンサー付き投稿の作成者になる

プロモーテッドポストとも呼ばれるスポンサー付きポストは、コミュニティ主導の通知指向のWebサイトへのポストであり、特定の会社が広告を描くために明示的にスポンサーしているものです。ユーザーのプロモーションによる大量の人気。スポンサー付きの投稿は、会社が、選択した支払いと引き換えにソーシャルメディアプロファイルに何かを投稿することを望んでいるときに行われます。スポンサー付きの投稿作成​​者としてサービスを提供できます。

  1. ソーシャルメディアマネージャー

ソーシャルメディアマネージャーはデジタルおよび広告キャンペーンの声と呼ばれます。優れたソーシャルメディアマネージャーは、効果的なオンラインブランディングと広告戦略を作成することにより、組織の認知度を高めることができます。ソーシャルマネージャーは、さまざまな分析ツールを使用してプロモーションコンテンツを生成し、会社のソーシャルメディアの存在を管理します。

複数のソーシャルメディアプラットフォームを処理している可能性があるため、最新のトレンドに追いつくことができなければなりません。 –そして、どのような新しいトレンドがクライアントにプラスまたはマイナスの影響を与える可能性があるかを把握します。これは見事に支払う仕事であり、タマネギを知っていれば、数年後には億万長者になる可能性があります。

  1. ビデオマーケティング担当者

ビデオマーケティング担当者とは、マーケティングプログラムの会社またはブランド。このビデオは、会社の検索エンジン最適化(SEO)の向上にも役立ち、会社の製品やサービスの需要を促進しながらインフルエンサーとつながることができます。

熟練したビデオマーケティング担当者になるには、これは、クライアントのニーズとユーザーが見たいものを予測するのに役立つため、マーケティングの専門家になります。

  1. ウェビナービジネスの開始

自宅やオフィスで人々が参加できるインターネットベースのライブセミナーを設計、開発、配信する方法を知っているなら、これはあなたのためのビジネスです。ウェビナーは通常、参加者に質問をしたり、他の参加者とチャットしたり、配布資料をダウンロードしたりする機会を与えます。

ウェビナーは大きなプロセスのように見えますが、選択した1つまたは2つの会社を代表してもらうそれらのためのウェビナーの作成に対して支払われました。

  1. ソーシャルメディアグラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーは通常、オフラインおよびオンラインメディアプラットフォームで使用される広告の作成に使用できるコンピューターデザインスキルを持っている人です。グラフィックデザイナーの目的は、特定のメッセージを伝えることを目的としたビジュアルコミュニケーションの制作を計画、設計、および管理することです。

グラフィックは、Instagram、Pinterest、Facebookなどの多くのソーシャルメディアプラットフォームで重要です。そのため、ソーシャルメディアキャンペーンの一部として使用するための特別なグラフィックを提供することにより、ビジネスを構築できます。

  1. パークドメインビジネス

これは、デジタルマーケティングでお金を稼ぐ簡単な方法です。この収益性の高いビジネスに興味があり、集中している場合は、すぐにお金を稼ぐことができます。このビジネスでは、複数のドメイン名を購入し、ドメインをそのようにするだけでなく、収益化することが保証されます。ドメイン名が企業がスペースで広告を出したいほど魅力的であり、あなたのウェブサイトのコンテンツにも関連していることを確認してください。

12。 ウェブホスティング

ウェブホスティングビジネスは季節的なものかもしれませんが、それを楽しみたい場合には、まだ有利なビジネスです。ただし、それは不可欠であるため、十分な知識が必要な市場です。どのクライアントが共有ホスティングを必要とし、どのクライアントが個別にホスティングを必要とするかを知る必要があります。

デジタル広告業界で機能するものとして、クライアントに提供するパッケージは、クライアントが求める目的に役立つパッケージであることを確認する必要があります。

  1. 検索エンジンマーケター(SEM)

検索エンジンマーケティング(SEM)では、ユーザーがリストをクリックするたびに広告主が支払います。クリックする人は通常、広告ではなく広告主のウェブサイトに誘導されます。これにより、企業はユーザーが何を検索しているかを知ることができます。検索エンジンマーケティング担当者は、コンテンツプレースメント広告、有料プレースメント、無料の検索エンジン最適化技術などのさまざまなツールを使用して、広告プレースメントを促進できます。

  1. ソーシャルメディアコンサルタントになる

ソーシャルメディアコンサルティングは、ソーシャルネットワーキングチャネルを使用して顧客に働きかけ、関与するプロセスです。ブランドの。ソーシャルメディアに関する知識を活用して、他のビジネスを支援できます。コンサルタントとして、他の企業がソーシャルメディアプランを評価し、今後使用する戦略を決定するのを手伝います。ソーシャルメディアコンサルタントは、企業内でフルタイムで働くことも、フリーランスのマーケティングサービスを提供することもできます。

  1. ソーシャルメディアマーケティング担当者

ソーシャルメディアマーケティングはソーシャルメディアの使用製品やサービスを宣伝するためのプラットフォームとウェブサイト。これは、ソーシャルメディアで始めることができるニッチビジネスの1つです。また、ソーシャルメディアには他のアカウントがあり、それを使用して、継続的または投稿ごとに、他のブランドの製品やサービスを販売できます。ソーシャルメディアマーケティングは、やりがいのある収益性の高いビジネスです。

  1. ソーシャルメディアマーチャントになる

また、実際に製品を販売するためにソーシャルメディアを使用します。 eコマースストアを作成して、FacebookやPinterestなどのサイトに接続するか、実際に専用アカウントを開始して、Instagramなどのプラットフォームで直接販売する製品をリストできます。

  1. ソーシャルメディアインフルエンサーになる

ソーシャルメディアインフルエンサーは、特定の業界で信頼性を確立したソーシャルメディアのユーザーです。ソーシャルメディアのインフルエンサーは、多くの視聴者にアクセスでき、信authentic性と特定の製品を購入するために手を伸ばすことで、他の人を説得できます。ソーシャルメディアで個人的なフォローを構築するのに時間を費やしている場合は、独自の個人アカウントを使用して、ブランドと連携して製品やイニシアチブを有料で宣伝することができます。

  1. ソーシャルメディアに関するブログ

ブログに投稿できるさまざまなトピックがあります。また、トピックエリアに関係なく、ソーシャルメディアは視聴者を増やすために使用する戦略の主要な部分になる可能性があります。

  1. フラットレイカメラマンになる

特にInstagramでは、他のプラットフォームでも、フラットレイ写真は製品やスタイル付きの画像を誇示するために非常に人気があります。一部のフラットレイ画像をスタイル設定して写真を撮ってブランドに販売し、投稿で使用したり、ブランドと直接連携してカスタムフラットレイ画像を作成したりすることもできます。

  1. ストップモーションビデオグラファー

ストップモーションは、個別に撮影されたフレーム間でオブジェクトを少しずつ物理的に操作するアニメーションフィルム作成手法で、一連のフレームは高速シーケンスとして再生されます。

ストップモーションビデオは、かなり短い時間枠でストーリーを伝えることができるため、Instagramなどのプラットフォームでも人気があります。そのため、このビデオ撮影の分野に特化して、ソーシャルメディア上のビデオコンテンツを扱う企業を支援することができます。

  1. eBook Author

ソーシャルメディアについて特に知識がある場合は、それについての電子書籍を作成できます。また、ソーシャルメディアを使用して本を宣伝することもできます。

  1. インフォ製品を販売

ソーシャルに関連する多くの情報製品を販売できますメディア、ワークブックから役立つドキュメントまで。ソーシャルメディアのユーザーが作業しやすくするためのハウツーガイド、戦略、ヒント、コツを作成できます。

  1. Niche Website Operator

ニッチなインタレストグループのウェブサイトを運営している場合、サイトを宣伝する戦略の一部としてソーシャルメディアを含める必要がほぼ確実にあります。一部のソーシャル機能をサイトに直接統合することもできます。製品を正常に販売するために使用できる方法は多数あります。

  1. ポッドキャストを開く

ポッドキャストまたは一般的なネットキャストは、ユーザーが聴くためにダウンロードできる一連のデジタルオーディオファイルまたはビデオファイルです。ポッドキャスティングは、潜在的な視聴者とつながるためにソーシャルメディアを必要とする可能性がある別の領域です。

  1. オンラインニュースレターライター

電子メールを介して視聴者と通信したい場合は、電子メールニュースレターを開始し、ソーシャルメディアを使用してそれを宣伝し、視聴者のメンバーとさらにつながりを持つことができます。

  1. ライブストリーマー

ライブストリーマー、インターネットストリーマー、またはストリーマーとも呼ばれるオンラインストリーマーは、ライブストリームまたは事前に録画されたビデオを通じて自分自身をオンラインで放送する人です。オンラインストリーマーの範囲は、ビデオゲーム、チュートリアル、ソロチャットなど、さまざまなジャンルにまで拡大しています。

PeriscopeやFacebook Liveなどのプラットフォームでは、ライブビデオコンテンツを視聴者にストリーミングできます。そのため、あなたの分野で講演者または専門家としてビジネスを構築する場合、それらのプラットフォームを使用して専門知識をオンラインで共有できます。

  1. ソーシャルメディア広告スペシャリスト

ソーシャルメディアは、最も成功している組織が潜在的な顧客とどのように関与するかの重要な部分となっています。その結果、ソーシャルメディア広告のスペシャリストはマーケティング部門の非常に重要な部分になりました。多くのソーシャルメディアプラットフォームも広告オプションを提供しているため、他のビジネスがソーシャルメディア広告キャンペーンの広告と広告戦略を作成するのを支援することでビジネスを構築できます。

  1. ソーシャルメディアイベントプロモーター

イベントプロモーターの仕事は、コンサートからモンスタートラックの集会まで、あらゆるものの話題を生成し、人々を引き込むことです。ソーシャルメディアでも同じことができます。通常、イベントはソーシャルメディアに頻繁に投稿されます。これらのイベントを宣伝して成功させることができます。繰り返しますが、定期的なイベントを宣伝しても、潜在的な参加者に手を差し伸べるにはソーシャルメディアが必要です。

  1. ミームマーケティング担当者

インターネットミームとは、明確なスタイルと概念を備えたユーモラスな画像またはビデオのことで、通常インターネット上で流行します。少し奇妙に聞こえるかもしれませんが、ミームは実際にはマーケティング担当者にとって多くの可能性を秘めています。そのため、ソーシャルメディアマーケティングの専門家にとって、独自の専門性が生まれる可能性があります。ミームクリエーターとして特化できます。

  1. ペットソーシャルメディアセレブリティマネージャー

同様に聞こえるソーシャルメディアにペットの写真を投稿するビジネスを構築するのは奇妙です。しかし、Grumpy Catのような動物有名人は、ソーシャルメディアに精通していれば、この分野でビジネスを構築できることを証明しています。

  1. ソーシャルメディアを介した募集

リクルーターは、組織が職場の才能を獲得するのを支援します。多くの採用担当者が、組織の従業員を獲得する信頼できる方法としてソーシャルメディアに目を向けているのは秘密ではありません。そのため、ソーシャルメディアで候補者を募集することに特化して、ビジネスを構築することさえできます。これにより、プロセス全体が簡単になります。

  1. ソーシャルメディアチューター

多くの人々がまだ使用に苦労しているのは事実です今日でもソーシャルメディア。パーソナライズされたソーシャルメディアの個別指導とソーシャルメディアトレーニングを開始して、人々(特に45歳以上)がFacebook、LinkedIn、Twitter、Instagramをより生産的かつ自信を持って使用できるように支援できます。ソーシャルメディアの家庭教師として、さまざまなプラットフォームの使用方法を学びたい他の人と一対一で作業できます

  1. Workshop Teacher

または、一度にソーシャルメディアについてより多くの人に教えることができる設定を選択することもできます。ソーシャルメディアのさまざまな側面を地域コミュニティのメンバーに教えるワークショップを提供できます。

  1. ソーシャルメディアプラットフォームの作成

ソーシャルメディアプラットフォームは、世界中の人々を共通のフォーラムに集めてアイデアを共有する素晴らしい方法です。プラットフォームは、設定して効果的に管理できる場合にのみ、大きな利益を生み出します。独自のソーシャルメディアプラットフォームの構築を検討できます。

  1. ソーシャルメディアセールス担当者になる

ソーシャルメディア営業担当者にとって多くの可能性を秘めています。そのため、これらのプラットフォームを活用して潜在的な見込み客や取引を成立させたい企業にサービスを提供できます。Webでの方法を知っていれば成功します。

  1. ユースアウトリーチスペシャリスト

ソーシャルメディア特に若い消費者に人気があります。したがって、ブランドに代わって若い消費者に手を差し伸べることを専門とするビジネスを構築したい場合は、戦略の大きな部分としてソーシャルメディアを使用できます。ユースアウトリーチスペシャリストとして、12〜25歳の個人に早期介入サービスを提供し、メンタルヘルスサポートへのアクセスを増やし、学校サポートやWebベースの接続を含むラップアラウンドサービスで若者と青少年に快適なスペースを提供できます。

  1. ソーシャルメディアカスタマーサポート担当者

ソーシャルメディアサポート担当者は、さまざまなソーシャルを管理する専門知識を持つ個人です。メディアチャンネル、顧客との関係に触れ、技術サポートを提供します。これらの代表者のほとんどは、Facebook、Twitter、Instagramなどでの多数のクライアントからの問い合わせやダイレクトメッセージを処理するためにクライアントに雇われています。そのため、ソーシャルメディアで手を差し伸べる人を支援するカスタマーサポート担当者としてサービスを提供できます。

  1. 仮想アシスタント

仮想アシスタントは一般的に自営業であり、専門的な管理を提供します、ホームオフィスからリモートのクライアントへの技術的、または創造的な支援。仮想アシスタントはビジネスのさまざまなタスクを処理できますが、ソーシャルメディアは多くの場合、職務内容の少なくとも一部です。

  1. ソーシャルメディアコピーライター

また、ライターがソーシャルメディアキャンペーンの成功に貢献するさまざまな機会があります。ソーシャルメディアの投稿や広告の作成を支援したい人にサービスを提供できます。

  1. Video Ad Creator

ソーシャルメディアは非常に巨大な広告プラットフォームであり、最近ではほとんどの企業が動画を使用して広告を紹介することを好みます。 YouTubeまたは他のソーシャルプラットフォームで製品やサービスを宣伝したいブランドの動画広告の作成に特化できます。

  1. アフィリエイトマーケター

アフィリエイトマーケティングは、アフィリエイトマーケティング活動によってもたらされた訪問者または顧客ごとに、ビジネスが1つ以上のアフィリエイトに報酬を与えるタイプのパフォーマンスベースのマーケティングです。ソーシャルメディアやその他のオンラインプラットフォームでかなりのフォロワーがいる場合、さまざまなブランドのアフィリエイトになり、それらのビジネスに売り上げの一部を獲得することでお金を稼ぐことができます。

  1. ソーシャルゲーム開発者

ソーシャルメディアは、ゲームを宣伝する優れた方法です。また、Facebookを含む一部のプラットフォームは、これらのゲームを実際にホストするためのプラットフォームも提供しています。そのため、ソーシャルメディアと世界中の友人の間で独占的にプレイされるゲームを開発し、同じソーシャルメディアで宣伝することができます。

  1. 旅行写真家

写真家としてビジネスを築きたい場合、ソーシャルメディアを主な手段として使用して、サービスを促進し、全国を旅する潜在的なクライアントとやり取りすることができます。

  1. YouTubeコーチ

YouTubeは非常に大きなチャンネルであるため、 1日に数百万人。毎日多くの人を引き付ける真のソーシャルメディア広告プラットフォームです。 YouTubeの第一人者であれば、プラットフォームを使用して収益を上げる方法を人々に教えることができます。コーチングビジネスに特化して、YouTubeでビジネスを構築したい人に役立つサービスを提供することもできます。

  1. YouTubeパーソナリティ

動画の方が好みの形式である場合は、YouTubeに動画を投稿して広告収入から収益を上げることでビジネスを構築することもできます。 YouTubeで非常に人気が出て、人々が製品を宣伝するのを手伝ってくれる可能性が非常に高いです。現在、YouTubeのさまざまな分野の第一人者である多くのYouTubeパーソナリティがいます。

  1. ソーシャルメディアビデオグラファーになる

YouTubeやその他のソーシャルメディアプラットフォームに投稿されるビデオは通常正確に作成されました。あなたが優れたビデオ撮影者であれば、有料でソーシャルメディアに投稿するビデオの作成を支援することができます。他の人が映画やビデオを作成してYouTubeやその他のソーシャルプラットフォームに投稿できるようにすることで、ビジネスを構築できる可能性があります。

  1. Vine Personalityになる

インターネットをヒットさせる最新かつ最もユニークなソーシャルメディアの感覚の1つはVineです。 Vineはよりニッチなプラットフォームですが、ビデオの作成に熟練しており、短い形式のビデオを専門にしたい場合は、Vine、Instagram、または他の短いビデオプラットフォームで人気のパーソナリティになり、その悪名でビジネスを構築できます。

Video
  1. コミュニティマネージャーになる

強い企業にフリーランスでサービスを提供できます。オンラインコミュニティで、ウェブサイトやソーシャルメディアのコミュニティ機能の管理を手伝ってくれる人が必要です。オンラインでコミュニティを管理することは、非常に手間がかかり、骨の折れる仕事になる可能性があるため、サービスが非常に必要であり、高く評価されます。

  1. コンテンツストラテジスト

コンテンツ戦略は、コンテンツの計画、開発、および管理を指します-書き込みまたは他のメディア。彼らは、コンテンツが何であるか、それが何であるか、コンテンツをキュレートする方法を考慮して、組織の重要な価値を伝えます。また、ソーシャルメディアやその他のコンテンツに関する戦略の決定に関する情報を提供するだけで、クライアントのコンテンツマーケティングの取り組みにおいてより限定的な役割を果たせます。

  1. オンラインマガジンオペレーター

オンライン雑誌は、オンライン新聞と同様に、読者やコミュニティのメンバーとのエンゲージメントを促進する方法としてソーシャルメディアを使用することがよくあります。同様に、インパクトを与えたい特定のニッチでオンラインマガジンを開始し、ソーシャルメディアを介してそれをマーケティングすることができます。

このページをブックマークできます

アンナ・コルネット

Author - American Business

View all posts by アンナ・コルネット →