2021年のワイン産業におけるトップ10の中小企業のアイデア

ワインに情熱があり、お金を稼ぐ方法を探しているこの情熱をオフに?次に、ワイン業界のトップ10のビジネスアイデア を以下に示します。

おいしい料理を用意し、軽い会話をして、上質なワインを1杯飲みます。そこにそれがある;あなたは完璧な集まりをしています。ワインは古くから存在しており、すぐに消えていくようには見えません。代わりに、彼らはさまざまなフレーバー、味、パッケージング方法が定期的に出てくるように進化し続けています。

ワインビジネスは非常に有利です。おそらく、多くの人々がワインのビジネスがいかに有益かを知らないか、あるいは多くの人々がビジネスを厳しいものとみなしているからでしょう。

いずれにしても、ワイン産業はワイン輸入産業だけで成長を続けています200億ドルをはるかに超える価値があります。しかし、ワインビジネスはあなたがただ急ぐことができるものではありません。戦略的な計画と準備が必要なビジネスです。ワインのビジネスを始める前に理解しなければならないことがいくつかあります。それらは次のとおりです。

ワイン業界でビジネスを始める前に考慮すべき4つの要素

a。ワインを理解する-:ワインビジネスを開始するときに取る最初の推奨手順は、さまざまな種類のワインと香味料、アルコールの割合、顧客の選択と好み、価格設定などについてできる限り学ぶことです。ワインビジネスの管理を改善するのに役立つと思われる情報。

b。法的要件を調べる-:前述のように、ワインビジネスはウェイクアップアンドゴーのようなビジネスではありません。これは、ほとんどの国で政府によって規制されているビジネスであるためです。独自のワインを製造している場合、ライセンス、許可を取得し、多くの検査訪問に対処する必要があります。

c。適切な場所を選択する -:場所は、ワインビジネスの計画にも非常に重要です。ワインは主に高級な顧客によって消費されるため、ビジネスに適した場所を選択する必要があります。

d。供給元の把握-:ワインショップを経営している場合でも、独自のワイン生産会社を設立している場合でも、在庫または原料を定期的に供給する必要があります。

ワイン業界で始められるトップ10のビジネス次のいずれかから選択できます。

2021年のワイン産業におけるトップ10の中小企業のアイデア

1。ワインショップ

最低$ 2,000で小さなワインショップを始めることができます。あなたの地域の周りの人々に小売量でワインを販売するでしょう。ワインショップを設置する際、場所は非常に重要な要素であることを忘れないでください。人の往来の多い場所や、簡単にアクセスできる場所にショップを設置したいと思うでしょう。また、社会の上流階級と中間階級が頻繁にいる場所にワインショップを設置したいと思うでしょう。だからといって、ワインショップを立ち上げようと決めたところでどこでも売れないというわけではありません。この種のビジネスでは上流階級をターゲットにした方が良いでしょう。ショッピングモールのような場所は、ワインショップを設置するのに適した場所です。

2。 ワインバー -:ワインバーはワインショップとは少し異なります。ワインショップはワインを小売店でのみ販売していますが、ワインバーは人々が遊びに来たりワインを飲んだりできるスペースと環境を作り出します。ワインバーのすてきな着席場所。この種の事業を運営するには政府からの許可が必要になるため、開始する前に関連当局に訪問することが重要です。

3。ぶどう畑-:ワインを販売したりワインを製造したりする代わりに、ぶどうやワインを生産するために使用する他の果物を栽培し、製造業者に大量に販売するぶどう畑を所有することを決定できます。この種のビジネスを実行するには、大きな農業スペースが必要です。

4。ワイン輸出業者-:ワインの輸出も非常に有利なビジネスです。自国の原産のワインを他の国に輸出するビジネスを始めることができます。たとえば、ナイジェリアでは、需要の多いナイジェリア原産ではない輸入ワインが非常に多くあります。

これらのワインは、一部の起業家によって国内に輸入されています。ナイジェリアに住んでいる場合、ワインのインポートおよびエクスポートビジネスを開始できます。ここでは、ワインをインポートしたり、ナイジェリア以外のワインをエクスポートしたりできます。

5。ワインコレクター:アート作品やジュエリーを収集する人と同じように、ワインを収集する人もいます。ワインコレクターは、数年前、時には数世紀前に作られた希少なワインを探します。ワインを採集する人は非常に多く、希少で上質なワインを採集し、ワインを採集する人に販売することで、これからビジネスを始めることができます。

6。ワインボトルのリサイクル-:これは、環境を劣化から守るのに役立つビジネスです。使用済みのワインのボトルを収集し、再利用のためにメーカーに販売することができます。

7。独立したワインコンサルタント-:ワイン業界の出来事について十分な知識がある場合は、新規参入者が自分の道を見つけてお金を稼ぐのを助けることでお金を稼ぐことができます。独立したワインコンサルタントになり、人々に自分のワインビジネスを開始し、ワインの試飲を組織し、ワインビジネスのライセンスと許可を取得する方法に関するヘルプとアドバイスを提供できます。

Video

8。 E-winery -:お気に入りのワインのボトルにアクセスするために必要な作業は、コンピューターの後ろに座って注文することだけだと想像してください。興味のある顧客にワインをオンラインで販売するようなビジネスを始めることができます。ただし、そのようなビジネスを開始するには、必要なライセンスと許可が必要です。

9。 ワインメーカー :これらはワイン業界の大物です。彼らはすべての材料をまとめ、ワインを生産し、卸売業者に大量に販売し、卸売業者は小売業者に販売する責任があります。

10。高級ワインメーカー-:最後に、高級ワインメーカーになることができます。贅沢なワインメーカーは、素晴らしい味と絶妙なボトルデザインを備えたワインを作るためにさらに努力します。ボトルは金やダイヤモンドのような高価な素材で作ることができ、購入者はボトルの内容よりもボトルのデザインに興味を持ちます。

このページをブックマークできます

アンナ・コルネット

Author - American Business

View all posts by アンナ・コルネット →