広告代理店ビジネスオンラインの開始

広告代理店をオンラインで開始しますか? 「はい」の場合、お金がなく経験のない広告代理店事業を開始するための完全なガイドがあります。 テンプレート。また、広告代理店向けの実用的なゲリラマーケティングのアイデアに裏付けられた広告代理店のマーケティング計画のサンプルを分析および起草することで、さらにそれを実現しました。この記事では、広告代理店事業を開始するためのすべての要件を検討します。起業家の帽子をかぶって先に進みましょう。

広告代理店ビジネスをオンラインで始める理由

広告業界に興味があるなら、それに制限はないと確信できます創造性があり、優れたネットワーキングスキルを持っている限り、業界から利益を得ることができます。 PRと広告のバックグラウンドを持つ起業家として起業するビジネスを探しているなら、あなたはあなた自身の広告代理店を始めることを考えることができます。

広告の実務家になる前に、まず広告を書いて渡す必要があります。 PR試験と認定されます。オンラインでチェックして、あなたの国のすべてのメディア関連の専門試験の次の日付を確認できます。真実は、メディアのバックグラウンドがあれば、すべての認定試験に合格しやすくなるということです。

広告代理店は、特に個人が管理している場合は自宅から運営できますが、オフィス施設から運営する場合は費用がかかります。真実は、この種のビジネスを実行するために大きなオフィススペースを必要としないということです。対処するクライアントの能力をホストするのに十分な適切なオフィスを確保してください。あなたの街のビジネス地区にあるオフィスはあなたにとって理想的かもしれませんが、それでも、非常に高価なオフィススペースを得るためにあなたの手段を超えて行く必要はありません。あなたのビジネスを小さく始めてから大きくすることをお勧めします。

広告代理店ビジネスオンラインの開始完全ガイド

  • 業界概要

標準的な広告代理店は、定期刊行物、新聞、ラジオ、テレビ、ソーシャルメディアなどの他のメディアプラットフォームの広告キャンペーン。広告代理店は、内部機能または委任を通じて、アドバイス、クリエイティブサービス、アカウント管理、広告キャンペーン資料の制作、そしてもちろん広告配置などのメディアプランニングと購入を提供します。

広告代理店業界の設立は、広告キャンペーンを作成し、定期刊行物、新聞、ラジオ、テレビ、およびソーシャルメディアやデジタルメディアプラットフォームなどの他のメディアに広告を掲載します。新しいメディアの登場により(特に、従来のメディアからデジタルおよびオンラインサービスへと移行する傾向に伴い)、広告戦略の劇的な変化が促進されました。

実際のところ、多くの従来の広告代理店が専門になり始めました業界での競争力を維持するために、オンライン広告とデジタルマーケティングの両方を行うこの傾向の結果として、業界で生み出された収益は長年にわたって途方もなく増加しました。今後、広告代理店業界は、タブレットやスマートフォンなどのデジタルデバイスの急増が新たな収入源を提供するため、持続的な成長を経験し続けます。

間違いなく、広告代理店業界は成熟しています。ライフサイクルの段階であり、業界にとって幸運なことに、デジタルメディアの出現は業界に活気ある成長を探求し、体験する機会を提供しました。もちろん、市場を支配し、利用可能な市場で巨大な市場シェアを獲得しているいくつかの大規模なグローバル企業に見られるように、業界はより集中的になっています。

広告代理店業界は実に非常に大きな業界であり、世界のすべての地域、特にアメリカ合衆国、カナダ、イギリス、ドイツなどの先進国でかなり繁栄しています、オーストラリア、フランス、イタリアなど

Statisticsは、アメリカ合衆国だけでも、約251,296人の従業員を雇用する約65,454の認可および登録済みの広告代理店と百万円の業界のレーキがあるとしています。年間430億ドルで、年間成長率は3.5%と予測されています。この業界で利用可能な市場の最大のシェアを持つ事業所は、Omnicom Group Inc.、WPP、およびIPGであると述べることが重要です。

広告代理店業界は、ターゲット市場への浸透と必要なブランド認知を促進するために、何らかの形で広告代理店のサービスが必要になることに気付き始めているため、ますます多くの組織が開花し続けます。ビジネスの成長と拡大。入手可能なすべての統計から、業界の競争的性質にもかかわらず、業界は着実に成長していると言う方が安全です。

起業家が自分の広告代理店を始めることを奨励する要因のいくつかは、設立し、スタートアップ資本は実際に手頃な価格です。実際にあなたの家の快適さからあなた自身の広告代理店ビジネスを始めることができます。あなたがする必要があるのはあなたの家のどこかにオフィスを作ることです。人々は通常、マーケティングやパブリシティの懸念に関連する達成に役立つ結果に対してあなたに支払います。

さらに、広告手法の変更や新しいメディアの出現にもかかわらず、広告代理店を段階的に廃止することはできません。 。広告代理店は、ターゲット市場に手を差し伸べるために最新のテクノロジーを活用する方が簡単です。事実、費用効果が高く、ソーシャルメディアプラットフォームを利用して広告キャンペーンの一部を実施することは、彼らにとって大きなメリットです。

広告代理店ビジネスのオンラインマーケットリサーチとフィージビリティスタディの開始

  • 人口統計とサイコグラフィック

人口統計広告代理店のサービスを必要とする人々のサイコグラフィック構成は、製品やサービスの販売に従事している企業組織だけでなく、画像兼ブランドの宣伝にも関心がある個人に限定されます。たとえば、一部の有名人や政治家でさえも、インターネットやターゲットオーディエンスのトレンドを可能にするためにお金をつぎ込んでいることがわかります。

広告代理店事業の場合は、すべてを網羅する必要があります。企業組織、政党、政治家、政府機関、有名人、学校、NGO、さらには宗教団体なども含める必要があります。

専門化できる広告業界内のニッチなアイデアのリスト

ほとんどの広告代理店は、標準的な広告代理店が提供すると予想されるすべてのビジネスアクティビティまたはサービスを含む一般的な広告ビジネスを運営する傾向があります。そのため、業界にはニッチな分野はないようです。

これらは、新興広告代理店が広告代理店業界内で専門化できる専門分野の一部です。

  • 印刷媒体広告
  • TVおよびラジオ広告
  • 検索エンジン最適化(SEO)
  • バナー広告
  • ビデオ広告
  • リッチメディア広告
  • スポンサーシップ広告
  • クラシファイド広告/ディレクトリ
  • デジタルディスプレイ広告
  • モバイル広告
  • その他の関連するデジタルマーケティングアドバイザリーおよびコンサルティングサービス

広告代理店業界の競争レベル

広告代理店としてビジネスの世界で生き残るためには、専門知識とビジネスの遂行方法を知る必要があります。しかし、重要な重要人物とのネットワークの作り方も。広告契約またはビジネス取引を誰が受けるかを決定できる意思決定者。

広告代理店業界での競争のレベルは、主にビジネスの場所と、もちろん広告代理店のニッチに大きく依存します。ビジネス。広告代理店向けに独自のニッチをうまく作成できれば、競合はほとんどまたはまったく発生しません。たとえば、あなたがあなたの場所でリッチメディア広告とビデオ広告を専門とする唯一の広告代理店であれば、あなたはビジネスのその側面を独占することを確信しています。競合他社はあなたに仕事を下請けすることさえできます。ほとんどのクライアントが望むのは結果であるため、優れた実績と優れた結果を提供できる限り、世界のどこにいても広告代理店を雇う用意があります。

米国中とサイバー空間に散らばっているいくつかの広告代理店があります。そのため、米国で独自の広告代理店を設立することを選択した場合、米国の広告代理店だけでなく世界中の厳しい競争に必ず立ち向かうことになります。さらに、業界のトレンドを決定する大規模な広告代理店があり、クライアントと競争する準備ができている必要があります。

広告業界の有名ブランドのリスト

これらはアメリカ合衆国の大手広告代理店の一部です;

  • 22squared、アトランタ
  • 360i、ニューヨーク市
  • aQuantive、シアトル
  • Axis41、ソルトレイクシティ、ユタ州
  • BBDO 、ニューヨーク市
  • WB Doner Company、ミシガン州サウスフィールド
  • Butler、Shine、Stern Partners、サウサリート
  • Conversant、シカゴ、イリノイ州
  • オギルビー・マザー、ニューヨーク市
  • クラマー・クラッセルト、シカゴ
  • クリスピン・ポーター+ボグスキー、マイアミ、フロリダ州
  • DDB Worldwide、ニューヨーク市
  • li>

  • Deutsch Inc.、New York City
  • Digitas、Boston、Massachusetts
  • DeVito / Verdi、New York City
  • Foote、Cone Belding、イリノイ州シカゴ
  • ニューヨーク市グレー広告
  • GSDM、テキサス州オースティン
  • Google、カリフォルニア州マウンテンビュー
  • iProspect、マサチューセッツ州ボストン

経済分析

ストレスが少なく、おそらく開始に必要なスタートアップ資本が最小限のビジネスを探しているなら、広告代理店ビジネスを始めることを検討できます。あなたが得る売上高と比較した場合、広告代理店を運営するコストは極差になる可能性があります(これは、業界で足を確立できた場合に適用されます)。

広告代理店事業に参入する人々は、実際のところ、自宅から事業を開始することができ、それでも事業を前進させることができます。広告代理店とほとんどのコンサルティング関連ビジネスに関して言えば、組織にとって測定可能な結果を​​成功裏に生成できれば、確実に利益を上げることができます。

実際には、ランニングのコスト開始から終了までのビジネスプロセスは、電話、交通機関、インターネットのサブスクリプション、PR、および場合によってはテレビ放映時間、ラジオ放映時間、デジタル広告掲示板などの資料の作成費用に制限されます。これにより、組織からの広告代理店とのブランディング取引を成功裏に封印できれば、収益の予測を立てやすくなります。

広告代理店の開始スクラッチとフランチャイズの購入

この種のビジネスを開始する場合、フランチャイズを購入するのとは反対に、ゼロから開始するように支払われます。何よりもまず、広告兼ブランディングの仕事を確保する前に、成功する広告代理店ブランドのフランチャイズを運営している場合でも、プロフィールが精査されます。それに加えて、それは高価であり、おそらく広告代理店のフランチャイズによって来るのは難しいです。

大規模で成功している広告代理店のほとんどはゼロからスタートし、堅実なビジネスブランドを構築することができました。ビジネスの成功を達成するには、献身、勤勉、決意が必要です。もちろん、独自の広告代理店ブランドを構築して、専門分野で成功するブランドになるだけでなく、全国レベルとグローバルステージの両方でクライアントのために働くことさえできます。

広告代理店事業を開始する際に直面する可能性のある脅威と課題

今日、あなた自身の広告代理店事業を開始することに決めた場合、あなたは大きな挑戦の1つです直面する可能性が高いのは、定評のある広告代理店の存在と、提供しようとしているものと同じサービスを提供しているデジタルマーケティング代理店の存在です。この課題を回避する唯一の方法は、独自の市場を作成することです。十分に確立された広告代理店がハイエンドの料金を支払う余裕のない新興企業に集中してください。

直面する可能性のある他の課題や脅威には、経済の低迷があります。経済の状態が悪い場合、歴史上、コンサルティング業界は広告代理店の業種を兼ね備えているため、古いクライアントを維持したり、新しいクライアントを獲得したりするのに苦労しています。また、好ましくない政府の政策も広告代理店の成長を妨げる可能性があります。

広告代理店ビジネスのオンライン法的事項の開始

  • 広告代理店ビジネスに使用するのに最適な法人

広告代理店事業の開始は確かに深刻な事業であるため、選択した法人は、事業をどの程度大きくしたいかを決定するのに大いに役立ちます。ビジネスのために法人を選択するのは少し難しいかもしれません。

広告代理店の法人を選択する場合、一般的なパートナーシップ、有限パートナーシップ、LLC、 「C」法人、または「S」法人。これらのさまざまな形式の企業の法的構造には、それぞれ独自の長所と短所があることを明確に述べることが重要です。そのため、選択する前にオプションを適切に比較検討する必要があります。

これらは、広告代理店事業の法人を選択する前に考慮する必要がある要素の一部です。個人の責任の制限、譲渡の容易さ、新しい所有者と投資家の期待の入場料、そしてもちろん税金。

広告代理店ビジネスに使用するさまざまな法人を批判的に研究するために時間をかけるなら、その有限責任会社に同意します。 LLCが最適です。有限責任会社(LLC)としてこのタイプのビジネスを開始し、将来、特に公開する計画がある場合は、それを「C」企業または「S」企業に変換できます。

へのアップグレード「C」法人または「S」法人は、広告代理店ビジネスを成長させ、業界の主要なプレーヤーと競争する機会を与えます。また、ベンチャーキャピタル会社から資本を生み出し、個別の税制を享受することができ、会社の所有権を簡単に譲渡することができます。所有権と管理構造の柔軟性を享受できます。

広告代理店に適したキャッチーなビジネス名のアイデア

ビジネスの名前の選択に関して、あなたはあなたのビジネスのために選んだどんな名前でもビジネスが表すものの認識を作成するのに大いに役立つので、あなたは創造的でなければなりません。通常、ビジネスを命名するとき、人々が事業を展開する業界の傾向に従うのが一般的です。

あなたがあなた自身の広告代理店を始めることを考えているなら、ここから選べるいくつかのキャッチーな名前があります。

  • Excel Advertising Agency、LLC
  • Charis Branding Marketing Communications、Inc。
  • Clay NewtonPR®、Inc。
  • Mittonグレイ広告代理店、LLC
  • ヘッジPRコンサルティンググループ、Inc。
  • レスリーロペスインターナショナル、LLC
  • Carrington Denzel Media Marketing Co.
  • Brighton Gab PR Digital Marketing、Inc。
  • Garry Jay Advertising Communications、Inc。
  • Boston International PR Company
  • Harry Dep Advertising Marketing Communications Ltd。

保険ポリシー

米国および世界のほとんどの国では、これなしではビジネスを運営できません運営を希望する業界が必要とする基本的な保険の一部を保有しています。そのため、保険の予算を作成し、おそらく保険ブローカーに相談して、広告代理店ビジネスに最適で最も適切な保険ポリシーを選択するよう指導することが重要です。

基本的な保険の一部は、アメリカ合衆国で広告代理店事業を開始する場合は、購入を検討する必要があります。

  • 損害保険
  • 健康保険
  • 損害保険
  • 労災補償
  • 間接費障害保険
  • 事業主の保険グループ保険
  • 支払保護保険

知的財産保護/商標

広告代理店事業を始めることを検討している場合、通常、知的財産保護/商標を申請する必要はないかもしれません。これは、ビジネスの性質上、会社の知的財産を違法に利用したとして法廷で誰かに異議を申し立てることなく、ビジネスを成功させることができるためです。

あなたの会社のロゴや他のドキュメントやソフトウェア、またはジングルやメディア制作のコンセプトに固有のソフトウェアを保護し、知的財産保護のために提出することができます。商標を登録する場合は、USPTOに申請書を提出してプロセスを開始することが期待されます。商標の最終的な承認は、USPTOの要求に応じて弁護士の審査の対象となります。

広告代理店ビジネスをオンラインで運営するには専門の認定が必要ですか?

作成する結果は別として、プロの認定は、ほとんどの広告代理店やデジタルマーケティング会社が際立っている主な理由の1つです。広告代理店業界に影響を与えたい場合は、専門分野で必要なすべての認定の取得に向けて取り組む必要があります。ビジネスに対するあなたのコミットメントを示すのに大いに役立つので、あなたは専門の資格を追求することを強く奨励されます。

これらは、あなたがあなた自身の広告代理店事業を運営したい場合に達成するために働くことができる認定の一部です;

  • IAB認定
  • 認定マーケティング管理プロフェッショナルCMMP®
  • AMA認定プロフェッショナルマーケター
  • Content Marketing Instituteオンライントレーニングおよび認定
  • Copyblogger認定コンテンツマーケター
  • DigitalMarketer認定コンテンツマーケティングスペシャリスト
  • Google AdWords認定資格
  • Google Analytics認定資格
  • HootSuite Advanced Social Media Strategy認定資格
  • マーケティング管理認定資格
  • HubSpot認定
  • DMA認定マーケティングプロフェッショナル

資格と経験(専門知識)が高いほど、知名度の高い広告、PRを簡単に保護できることに注意してください、ブランディング、デジタルマーケティング契約。

広告代理店の運営に必要な法的文書のリスト

アメリカ合衆国で事業を開始する前に必要な文書を用意することの本質は、強調しすぎることはできません。適切な文書がなければ、米国でビジネスを成功させることはできません。

これらは、アメリカ合衆国で合法的に独自の広告代理店事業を運営したい場合に適切な基本的な法的文書の一部です;

  • 証明書法人設立
  • 事業許可
  • 事業計画
  • 非開示契約
  • 雇用契約(提供書)
  • LLCの運営契約
  • 保険ポリシー
  • コンサルティング契約文書
  • オンライン利用規約
  • オンラインプライバシーポリシー文書
  • アポスティーユ(アメリカ合衆国以外での営業を予定している人向け)

広告代理店事業への融資

広告代理店の開始特に自宅からビジネスを運営したり、オフィススペースを友人と共有したり、バーチャルオフィスを利用したりする場合は、ビジネスの費用対効果が高くなります。標準的なオフィスを確保することは、スタートアップ資本の大部分を消費することの一部ですが、小規模でビジネスを開始することを選択した場合、ビジネスの資金を調達するための資金を調達する必要がないかもしれません。

ビジネスへの融資に関しては、間違いなく最初のことの1つであり、おそらく考慮すべき主な要因は、良いビジネスプランを書くことです。適切で実行可能なビジネスプランドキュメントがある場合は、銀行、投資家、友人にビジネスへの投資を説得する前に、自分で労力を費やす必要はないかもしれません。

広告代理店事業のスタートアップ資金を調達する際に検討できるオプションの一部を次に示します。

  • 個人の貯蓄と個人の株式および不動産の売却による資金調達
  • 投資家およびビジネスパートナーからの資金調達
  • 関心のある投資家への株式の売却
  • 銀行/銀行からのローンの申請
  • ビジネスの提案寄付団体とエンジェル投資家からの事業補助金とシード資金の申請と申請
  • 家族や友人からのソフトローンの資金源。

広告代理店のビジネスに適した場所

広告代理店およびほとんどのサービスベースのタイプのビジネスでは、クライアントと物理的に会う必要があるため、適切な場所に配置する必要があります。実際に多くのクライアントに注意を払い、ビジネスからの利益を最大化したい場合は、人間と車両の両方のトラフィックが発生しやすい場所です。

自宅から広告代理店を運営できるという事実は、場所は広告代理店の成功にほとんど影響しません。広告代理店兼コンサルティング業界を勉強するために時間を取った場合、広告代理店は忙しいビジネス地区に滞在するために高価な家賃を払うことをいとわないことに気付くでしょう。事業活動がピークにある場所。

広告代理店ビジネスを開くために選択した場所がビジネスの成功の鍵であることを強調することはできません。したがって、起業家は目に見える場所で施設をレンタルまたはリースする用意があります。人口統計が必要な購買力とライフスタイルを持つ人々で構成されている場所。

広告代理店ビジネスオンラインの技術的人材の詳細を開始

平均して、特別な技術や機器は必要ありませんカスタマイズされた広告/デジタルマーケティングおよびソーシャルメディア管理ソフトウェアアプリケーションを除き、この種のビジネスを運営する。セールスとマーケティングの監視ソリューションを試したり、クライアントの世代をリードしたりすることを避けるために、カスタマイズされたソフトウェアアプリケーションの設計が必要になる場合があります。

オフィススペースのレンタルとリースの選択に関しては、構築したい広告代理店の規模とビジネスの予算全体が選択に影響するはずです。標準的な広告代理店を運営するのに十分な資本がある場合は、オフィスの施設をリースするオプションを検討する必要があります。リースすると、長期的な計画、構造化、拡大に取り組むことができるようになります。

ビジネスを開始する予定の従業員数に関しては、財務を考慮する必要があります。決定を下す前に。平均して、最高経営責任者(CEO)または社長(この役割を担うことができます)、管理および人事マネージャー、PRコンサルタント、デジタルマーケティングおよびソーシャルメディアマネジメントコンサルタントおよびアソシエイト(あなたのビジネスに適用される専門分野は異なります)が必要です。 、ビジネス開発エグゼクティブ/マーケティングエグゼクティブ、カスタマーサービスオフィサーまたはフロントデスクオフィサーおよび会計士。さらに、中規模ではあるが標準的な広告代理店を効果的に運営するには、少なくとも10人の主要スタッフが必要です。注目を集める広告やPR契約/ジョブの処理を支援するために、専門家を雇うために道を外れることが予想される場合があることに注意してください。あなたが始めたばかりの場合、あなたはあなたと一緒に働くことが期待されるすべての専門家を保持するための財政的能力または必要なビジネス構造を持っていない可能性があります。

広告代理店に関与するサービス提供プロセス

広告代理店の働き方は平均して代理店によって異なりますが、理想的には広告代理店はまず、広告、PR、ブランディング、デジタルマーケティング契約などに入札する前に、強固な企業プロファイルを構築することが期待されます。競合他社の中で優位に立つことができます。

基本的に、広告代理店が広告、PR、ブランディング、デジタルマーケティング契約などを確保すると、彼らはあなたが働いている組織または個人のために達成するためにリストされたすべてをフォローすることが期待されます。技術の助けを借りて、広告、PR、デジタルマーケティングプロジェクトの効果を測定するのが簡単になりました。

したがって、広告代理店は結果を出すためにすべての専門知識を展開する必要があります。そのクライアントのために。広告、PR、ブランディング、デジタルマーケティングの専門家の間では、ベストプラクティスについて社内外でブレインストーミングを行うのが一般的です。

広告代理店ビジネスオンラインの開始マーケティングプラン

  • マーケティングアイデアと戦略

広告とブランディングのエキスパートとして、広告、PR、ブランディング、デジタルマーケティングを授与される前に、何度も価値を証明する必要があります。契約する。そのため、独自の広告代理店を開始する計画がある場合、広告代理店業界で最初に成功したキャリアを構築するためにお金を払うことになります。

人々と組織は、すべての広告を処理するためにあなたのサービスを雇います、PR、ブランディング、デジタルマーケティング契約のニーズ、およびお金に見合う価値を得ることがわかっている場合は広告に関連する他のブランディングおよびプロモーションキャンペーンの役割。

したがって、広告代理店のマーケティング計画と戦略を策定するときは、魅力的な個人プロファイルと会社プロファイルを作成してください。資格と経験に加えて、広告、PR、ブランディング、デジタルマーケティング契約など、過去に働いた組織に関連して過去に達成できたことを実際に明確に述べることが重要です。過去。これは、広告、PR、ブランディング、デジタルマーケティング契約などの調達時に市場でのチャンスを高めるのに役立ちます。

ほとんどの場合、広告、PR、ブランディング、デジタルマーケティング契約に入札する場合はご注意ください組織などから、あなたはあなたの提案を擁護するように求められますので、あなたはプレゼンテーションでかなり上手でなければなりません。広告代理店サービスのマーケティングに利用できるプラットフォームの一部を以下に示します。

  • 米国のすべての企業組織および企業にパンフレットとともに紹介状を送信して、ビジネスを紹介します(開始時には、新興企業や中小企業に集中することをお勧めします。
  • 広告、PR、ブランディング、デジタルマーケティング契約などの入札の迅速性
  • 関連するビジネス雑誌、ラジオ局、テレビ局でビジネスを宣伝します(テレビ、ラジオでの広告、PR、ブランディング、デジタルマーケティング関連のトークショーやインタラクティブセッションに利用できるようにします)。
  • ローカルディレクトリ/イエローページにビジネスを一覧表示します。
  • リクルート/ HRエキスポ、セミナー、ビジネスフェアなどに参加します。
  • クライアントのカテゴリごとに異なるパッケージを作成します。
  • インターネットを活用してビジネスを促進します(ビジネスに関連する重要な問題について定期的にブログを投稿すると、人々はあなたをその分野の専門家と見なします)。
  • ネットワークの構築とサービスのマーケティングを主な目的として、あなたの周りの地元の商工会議所に参加しましょう。そのようなネットワークから紹介を得る可能性があります。
  • マーケティングエグゼクティブやビジネス開発者のサービスを活用してダイレクトマーケティングを実施します。

後押しする戦略広告代理店のブランド認知度と企業アイデンティティの作成

広告、PR、ブランディング、デジタルマーケティング契約などの専門家として、ブランドを後押しし、企業アイデンティティを作成することはあなたの強みです。

ビジネスをしていて、ブランド認知度を高め、コーポレートアイデンティティを伝えることを意図していない場合、社会があなたのビジネスを描いているものは何でも引き受ける準備ができているはずです。大企業の秘密の1つは、ブランドの認知度を高め、人々に認識してもらいたい方法で企業のアイデンティティを伝え続けるために、年々富を費やすことを喜んでいるということです。

Video

広告代理店を設立する目的は、事業を展開する都市を超えて国内および国際的なブランドになるためにビジネスを成長させることです。そうすれば、ブランドのプロモーションと広告にお金を費やす準備ができている必要があります。

ブランドとコーポレートアイデンティティを宣伝する際には、印刷メディアと電子メディアの両方、およびソーシャルメディア(インターネット)を活用する必要があります。実際のところ、インターネットとソーシャルメディアプラットフォームを使用してブランドを宣伝することは、費用効果が高く、さらに非常に効果的で広範囲に及びます。

別の戦略は、関連するコミュニティベースのプログラム、TVラジオ番組、関連する雑誌や新聞であなたのビジネスを宣伝してください。

このページをブックマークできます

アンナ・コルネット

Author - American Business

View all posts by アンナ・コルネット →