レコーディングスタジオの開始にかかる費用

開始にかかる費用を正確に知りたいですか?レコーディングスタジオ? 「はい」の場合、レコーディングスタジオの立ち上げ の詳細なコスト分析は次のとおりです。

レコーディングスタジオ兼音楽プロダクション業界は、確かに長年にわたって着実に成長しています特に米国、日本、さらには英国などの先進国で。海賊版が未だに猛威を振るっている一部の発展途上国では、成長は少し冗長です。

  • 業界の概要

音楽やプロダクションの会社には中程度のスタートアップ資金が必要ですが、人口構成に16〜35歳の若い成人が十分にいる都市部に住んでいる場合は特に、非常に有益なベンチャーです。この人々のセットは、ライムライトを打つために何でもする準備ができています。そして音楽は、彼らが何百万人も、そしてひいては有名になるための道の一つです。

サウンドをミキシングするだけでなく、音楽レコーディングスタジオを設立する場合、この種の業界で本当にうまくやらなければならないのであれば、社会的にも傾く必要があります。レコードラベルの下で署名するアーティストを宣伝するために、すべての方法を使用できるはずです。

真実は、レーベルの下で有名な音楽スーパースターを1人育てれば、アーティストと仕事をするのに苦労することはほとんどないということです。実際のところ、あなたは最高のアーティストとのみ仕事ができるようにアーティストを審査します。

レコーディングスタジオのビジネスを始めることの良い点は、アメリカで始めようと決めたとしてもアメリカ、あなたの市場はアメリカのアーティストやビジネスに制限されません;世界があなたのターゲット市場になります。世界を世界の村にしたインターネットのおかげです。

あなたがする必要があるのは、あなたのレコーディングスタジオのブランドを戦略的にインターネット上に配置することです。音楽、オーディオブック、または広告用のジングルの録音に興味のある人々は、世界中のあらゆる場所からあなたを呼び出します。

Recording Studioビジネスを開始するにはどれくらいの費用がかかりますか

レコーディングスタジオを大幅にセットアップするコストは、以前よりも削減されました。テクノロジーとおそらくインターネットの進歩に感謝します。最近では、人々が自宅にレコーディングスタジオを設置するのが見やすくなっています。彼らがする必要があるのは、ビジネスとプロントを登録することだけです!

自分のレコーディングスタジオを開始することを検討している場合、すぐに利益を上げることはできませんが、ビジネスを続ければ。名声と幸運を得るまでにそれほど長くはかかりません。

レコード会社の設立に必要な金額は、国や州によって若干異なる場合があります。レコーディングスタジオの立ち上げコストに影響を与える可能性のある要因の一部は、施設のレンタルまたはリースに必要な量、必要な機器のコスト、およびビジネスのブランド化に必要なお金です。

もっと深刻なことに、あなた自身のレコーディングスタジオを始めることは、あなたの好みと予算に大きく依存します。数百万ドルを予算にかけて使うこともできますし、中程度に使うこともできます。 100万ドルを大きく下回ります。

  • マイクとヘッドフォンの購入に関しては、Neumann u87を選択できます。 2000ドル以上かかります。
  • ミキサーの場合は、Euphonixまたは他のブランドを選択できます。しかし、Euphonixは優れています(特に、プリアンプとオンボードコンプレッサーの甘さ)。 $ 30,000 以上の費用がかかります。
  • 代わりに、純粋にデジタル化してミキサーを完全にスキップすることもできます。つまり、複数の入力を備えた適切なオーディオインターフェイスが必要になります。最小12ステレオペア。 emu 1820mは優れたものです。
  • 次に、ケーブル(最上位ケーブル以外はありません。現在のところ、これらは市場で最高のオーディオケーブルです。他のオプションも検討できます)。
  • プリアンプの予算を作成する必要があります。アバロンはおそらくあなたの最善の策であり、あなたは約 $ 2500 以下でそれを得ることができます。
  • 監視のための適切な予算を用意する必要があります。モニターは、独自のレコーディングスタジオを開始するのに必要な最も重要なガジェットの1つです。ヤマハのモニターに行くことができます。単に市場で入手できる最高のものの1つです。
  • コンピューターの取得に関しては、そのような目的のために設計されたハイエンドコンピューターに予算を組む必要があります。お使いのコンピューターには、非常に大きなメモリ、ハイエンドのグラフィックカード、2.6 GHzクアッドコアプロセッサが必要で、適切なソフトウェアを検索できます。

上記の国のいずれかで標準的なレコーディングスタジオを開始する場合のコストに関してわずかに異なる可能性のある他の要因は、人件費、輸送および物流のコスト、現地税金、事業設立費用、事業の促進とブランド化、および賃貸料/リースの費用などの要素があります。

さらに、中規模のレコーディングスタジオ事業を開始する場合は、いずれかをレンタルする準備が必要または、ビジネス地区にある標準的かつ集中的な施設をリースします。これは、スタートアップ資本の大部分を費やすことが予想される分野の1つになります。

米国でのレコーディングスタジオビジネスの開始にかかる費用はいくらですか?

これらは、米国で中規模であるが標準的なレコーディングスタジオ会社を開始するときに予想される主要な費用です。

  • 米国で事業を登録するための総費用アメリカ 750ドル。
  • ライセンスと許可の取得に必要な金額と会計サービス(ソフトウェア、POSマシン、その他のソフトウェア) 3,300ドル。
  • レコーディングスタジオ会社のグランドオープンのマーケティングプロモーション費用3,500ドル、およびフライヤー印刷(2,000チラシ1部あたり0.04ドル)の合計金額 $ 3,580。
  • ビジネスコンサルタントの雇用コスト(ビジネスプランの作成を含む)– $ 2,500。
  • 保険のコスト(一般賠償責任、労災補償)および損害賠償)合計保険料 $ 2,400。
  • スタジオおよび管理事務所の標準施設のリース費用 $ 150,000
  • 施設の改造とスタジオの建設費用 $ 100,000。
  • 文房具( $ 500 )、電話、ユーティリティなどのその他の立ち上げ費用預金( 2,500ドル)。
  • 最初の3か月間の運用コスト(従業員の給与、請求書の支払いなど) 60,000ドル。
  • スタートアップインベントリのコスト(CDの供給、掲示板、印刷用紙、印刷インク/カートリッジ、ペン、ステンシルなど) $ 2,500。
  • コストレジ用、セキュリティ用、換気用、看板用 $ 3,750。
  • スタジオ機器(デジタルオーディオワークステーション(DAW)、DAWリモート、MIDIコントローラー、エアコン、優れた照明システム、ヘッドフォン、ミキシングコンソール、マルチトラックレコーダーの購入費用、マイク、フラットな周波数特性を持つスピーカーであるリファレンスモニター、キーボード、アコースティックドラムキット、デジタルオーディオワークステーション、音楽ワークステーション、オンエアまたはレコーディングライト、コンプレッサー、リバーブ、イコライザーなどの外部エフェクト、DEエッサー、ケーブル、プリアンプ、コンピューター、オーディオインターフェース、モニター、ソフトウェア、エフェクトラック、CDデュプリケーター、CDプリンター) $ 200,000。
  • 家具やガジェットの購入コスト(電話、印刷機、コンピューター、テーブルと椅子、本/ CD棚、キャビン、標準図書館、コピー機、ファックスなど) $ 4,000。
  • 構築とホスティングのコストウェブサイト $ 600
  • オープニングパーティーの費用 $ 2,000
  • その他 $ 5,000

メディアを正常にセットアップするには、35万ドル( $ 350,000 )の見積もりが必要です。アメリカ合衆国の規模だが標準的なレコーディングスタジオ会社。この金額には、操作の最初の3か月間のすべてのスタッフの給与が含まれ、標準のレコーディングスタジオに適用されることに注意してください。

米国で基本的な録音サービス/スタジオ作品のみを実行できる小規模だが標準的なレコードスタジオ会社を始めるには、約2万ドルから5万ドル( $ 20,000 から $ 50,000 まで)。この予算では、かなり使い古されたスタジオ機器に落ち着くことが期待され、スタジオはコストとオーバーヘッドを大幅に削減できるように自宅に建てられます。

アメリカ合衆国の主要都市に複数のスタジオを持つ標準的で大規模なレコーディングスタジオ、音楽業界のさまざまなニッチエリアでサービスを提供するレコーディングスタジオ会社、フランチャイズを最も近い場所で販売する意図を持つレコードスタジオ会社将来的には、200万ドル、50万ドル( 250万ドル)の予算を検討する必要があります。

英国でのレコーディングスタジオビジネスの開始にかかる費用はいくらですか?

これらは、英国で中規模だが標準的なレコーディングスタジオ会社を立ち上げる際に予想される主要な費用です。

  • 施設の改造とスタジオの建設にかかる費用£86,500。
  • 共同スタジオおよび管理事務所の標準的な施設をリースするためのst £135,000。
  • 保険料(一般賠償責任、労災補償、および損害賠償)の合計保険料(£2,400。
  • の費用雇用ビジネスコンサルタント(ビジネスプランの作成を含む)– £2,500。
  • レコーディングスタジオのグランドオープンのマーケティングプロモーション費用3,500ポンドおよびチラシ印刷(2,000枚のチラシ1部あたり0.04ポンド)。合計金額は 3,580ポンド。
  • ライセンスと許可、会計サービス(ソフトウェア、POSマシンなど)を取得するための法的費用ソフトウェア)£700。
  • オンラインアプリケーションは通常24時間以内に登録され、費用は£12 (デビットカードまたはクレジットカードで支払われます)またはPayPal)。郵便申請には8〜10日かかり、費用は 40ポンド(Companys Houseに支払われた小切手で支払われます)。同じデイサービスの費用は 100ポンドです。
  • 文房具( 300ポンド)、電話と公共料金( £1,500 )。
  • 最初の3か月間の運用コスト(従業員の給与、請求書の支払いなど)£60,000
  • 初期在庫のコスト(印刷紙、印刷インク/カートリッジ、ペン、ステンシルなど) 2,000ポンド
  • レジ、セキュリティ、換気、看板のコスト£2,500
  • CCTVの購入とインストールのコスト:£4,500
  • スタジオ機器(デジタルオーディオワークステーション(DAW)、DAWリモートの購入コスト、MIDIコントローラー、エアコン、優れた照明システム、ヘッドフォン、ミキシングコンソール、マルチトラックレコーダー、マイク、リファレンスモニター、フラットな周波数特性を持つスピーカー、キーボード、アコースティックドラムキット、デジタルオーディオワークステーション、音楽ワークステーション、オンエアまたは録音ライト、コンプレッサー、リバーブ、イコライザーなどの外部エフェクト、DEエッサー、ケーブル、プリアンプ、コンピューター、オーディオインターフェイス、モニター、ソフトウェア、エフェクトラック、CDデュプicator、およびCDプリンター)£180,000。
  • 家具やガジェット(電話、印刷機、コンピューター、テーブルと椅子、本/ CD棚、キャビン)の購入費用、標準ライブラリ、コピー機、ファックスなど) 2,500ポンド。
  • ウェブサイトの構築とホスティングのコスト£600。
  • オープニングパーティーの費用£2,000。
  • その他の£5,000。

中規模だが標準的なレコードスタジオを正常にセットアップするには、推定で320ポンド(£320,000 )が必要です。英国の会社。この金額には、操作の最初の3か月間のすべてのスタッフの給与が含まれ、標準のレコーディングスタジオに適用されることに注意してください。

基本的なレコーディングのみを実行できる小規模だが標準的なレコードスタジオ会社の開始英国でのサービス/スタジオ作品の費用は、約18,000から48,000ポンド(£18,000 から£48,000 )です。この予算では、かなり使い古されたスタジオ機器に落ち着くことが期待され、スタジオはコストとオーバーヘッドを大幅に削減できるように自宅に建てられます。

英国の主要都市に複数のスタジオを持つ標準的かつ大規模なレコードスタジオ会社、音楽業界のさまざまなニッチ分野でサービスを提供するレコーディングスタジオ会社、および近い将来にフランチャイズを販売する予定のレコードレーベル会社、200万ポンド、20万ポンド(£220万)の予算編成を検討する必要があります。

カナダでのレコーディングスタジオビジネスの開始にかかる費用はいくらですか。

これらは、カナダで中規模であるが標準的なレコーディングスタジオ会社を設立する際に予想される主要な費用です。

  • カナダでの事業の連邦法人設立の場合、 corporates Canadas Online Filing Centerを介してオンラインで提出された場合、 $ 200 (他の方法で提出された場合は 250 )。
  • ライセンスおよび許可の取得に必要な金額会計サービス(ソフトウェア、POSマシン、その他のソフトウェア) 3,300ドル。
  • レコーディングスタジオ会社のグランドオープンのマーケティングプロモーション費用 3,500ドルおよびチラシ印刷(1部あたり0.04ドルで2,000チラシ)を合計 3,580ドル。
  • ビジネスコンサルタントの雇用コスト(ビジネスプランの作成を含む) )– $ 2,500。
  • 保険(一般賠償責任、労働者災害補償、および損害賠償)の補償費用合計プレミアム $ 2,400。
  • スタジオおよび管理オフィスの標準設備のリース費用 $ 150,000
  • 費用施設の改造とスタジオの建設 $ 100,000。
  • 文房具( $ 500 )、電話および公共料金( 2,500ドル)。
  • 最初の3か月間の運用コスト(従業員の給与、請求書の支払いなど) 60,000ドル。
  • スタートアップインベントリのコスト( CDの供給、掲示板、印刷用紙、印刷インク/カートリッジ、ペンとステンシルなど) $ 2,500。
  • レジ、セキュリティ、換気、看板の費用 3,750ドル。
  • スタジオ機器(デジタルオーディオワークステーション(DAW)、DAWリモート、MIDIコントローラー、エアコン、優れた照明システム、ヘッドフォン、ミキシングコンソール、マルチ)の購入費用トラックレコーダー、マイク、リファレンスモニター、フラットな周波数応答を備えたスピーカー、キーボード、アコースティックドラムキット、デジタルオーディオワークステーション、音楽ワークステーション、オンエアまたは録音ライト、コンプレッサー、リバーブ、イコライザーなどの外部エフェクト、DE-エッサー、ケーブル、プリアンプ、コンピューター、オーディオインターフェイス、モニター、ソフトウェア、エフェクトラック、CDデュプリケーター、CDプリンター) $ 200,000。
  • 家具やガジェット(電話、印刷機、コンピューター、テーブルと椅子、本/ CD棚、キャビン、標準図書館、コピー機、ファックス機など)の購入費用4,000ドル。
  • ウェブサイトの構築とホスティングのコスト 600ドル
  • オープニングパーティーのコスト 2,000ドル
  • その他 $ 5,000

カナダで中規模だが標準的なレコーディングスタジオ会社を設立するには、35万ドル(350,000CAD)の見積もりが必要です。 。この金額には、操作の最初の3か月間のすべてのスタッフの給与が含まれており、標準のレコーディングスタジオに適用されることに注意してください。カナダのサービス/スタジオの作業には、約2万ドルから5万ドル( $ 20,000CAD から $ 50,000CAD )かかります。この予算では、かなり使い古されたスタジオ機器に落ち着くことが期待され、スタジオはコストとオーバーヘッドを大幅に削減できるように自宅に建てられます。

カナダの主要都市に複数のスタジオを持つ標準および大規模レコーディングスタジオ、音楽業界のさまざまなニッチエリアでサービスを提供するレコーディングスタジオ会社、フランチャイズを最も近い将来に販売する予定のレコードスタジオ会社200万ドル、50万ドル( $ 250万CAD )の予算編成を検討してください。

オーストラリアでレコーディングスタジオビジネスを開始するにはどれくらいの費用がかかりますか?

これらは、オーストラリアで中規模で標準的なレコーディングスタジオ会社を設立するときに予想される主要な費用です。

  • オーストラリアでは、ASICにビジネス名を登録するための料金には、1年間 $ 34 が含まれます。 80ドル、3年間。
  • ライセンスと許可、および会計サービス(ソフトウェア、POSマシン、その他のソフトウェア)を取得するために必要な量 3,300ドル。
  • レコーディングスタジオ会社のグランドオープンのマーケティングプロモーション費用は3,500ドルで、フライヤー印刷(2,000チラシは1部あたり0.04ドル)で合計 $ 3,580です。
  • ビジネスコンサルタントの雇用コスト(ビジネスプランの作成を含む)– $ 2,500。
  • 保険(一般賠償責任、労災補償、財産)のコスト損害賠償)合計プレミアム $ 2,400。
  • スタジオおよび管理オフィス用の標準施設のリース費用 $ 150,000
  • >施設の改造とスタジオの建設費用 $ 100,000。
  • 文房具($ 500)、電話および公共料金( $ 2,500 )。
  • 最初の3か月間の運用コスト(従業員の給与、請求書の支払いなど) $ 60,000。
  • スタートアップインベントリ(CDの供給、掲示板、印刷用紙、印刷インク/カートリッジ、ペンとステンシルなど)のコスト $ 2,500。
  • レジ、セキュリティ、換気、看板のコスト $ 3,750。
  • スタジオ機器(デジタルオーディオワークステーション(DAW)、DAWの購入コストリモート、MIDIコントローラー、エアコン、優れた照明システム、ヘッドフォン、ミキシングコンソール、マルチトラックレコーダー、マイク、リファレンスモニター、フラットな周波数特性を持つスピーカー、キーボード、アコースティックドラムキット、デジタルオーディオワークステーション、音楽ワークステーション、オンAir or Recording Light、コンプレッサー、リバーブ、イコライザーなどの外部エフェクト、DE-esser、ケーブル、プリアンプ、コンピューター、オーディオインターフェイス、モニター、ソフトウェア、エフェクトラック、CDデュプリケーター、CDプリンター) $ 200,000
  • 家具とガジェット(電話、印刷機、コンピューター、テーブルと椅子、bo ok / CDシェルフ、キャビン、標準ライブラリ、コピー機、ファックスなど)4,000ドル。
  • ウェブサイトの構築とホスティングのコスト $ 600。
  • オープニングパーティーのコスト 2,000ドル
  • その他の 5,000ドル

35万ドル( AUD $ 350,000 )で、オーストラリアで中規模だが標準的なレコーディングスタジオ会社を設立することに成功しました。この金額には、操作の最初の3か月間のすべてのスタッフの給与が含まれており、標準のレコーディングスタジオに適用されることに注意してください。オーストラリアのサービス/スタジオの作業には、約2万ドルから5万ドル( AUD $ 20,000 から AUD $ 50,000 )かかります。この予算では、かなり使い古されたスタジオ機器に落ち着くことが期待され、スタジオはコストとオーバーヘッドを大幅に削減できるように自宅に建てられます。

オーストラリアの主要都市に複数のスタジオを持つ標準および大規模レコーディングスタジオ、音楽業界のさまざまなニッチエリアでサービスを提供するレコーディングスタジオ会社、フランチャイズを近い将来に販売する予定のレコードスタジオ会社200万50万ドル( 250万豪ドル)をはるかに超える予算編成を検討してください。

次の要因に基づいて、レコーディングスタジオ会社の起動コストを推定します。

  • 特定の場所

レコードスタジオ会社およびほとんどのサービスベースのビジネスでは、クライアントと物理的に会う必要があるため、適切な場所に配置する必要があります。人と車両の両方のトラフィックが発生しやすい場所と、実際に多数のクライアントに対応してビジネスからの利益を最大化する場合は、適切な人口構成を持つ場所。

  • スタッフ/ Manpower

標準的なレコーディングスタジオ会社を大規模に立ち上げる場合、次の専門家のサービスが必要になります。

  • 最高経営責任者
  • スタジオマネージャー
  • 音楽/レコードプロデューサー
  • サウンド/レコーディングエンジニア
  • 管理者および人事マネージャー
  • マーケティングおよびセールスエグゼクティブ
  • 会計士
  • フロントデスクオフィサー
  • その他の役割は契約できます。会社の弁護士(エンターテインメント弁護士)、グラフィックアーティスト、ブランドマネージャーなどの役割

Can Studioa Recording Studioビジネスは自宅からの無駄のない予算でブートストラップされますか?

ご自宅から無駄のない予算で正常にブートストラップできる小規模ビジネスをお探しの場合は、レコーディングスタジオを開始することを検討してください。レコーディングスタジオビジネスの良い点の1つは、特に小規模で運営することを選択した場合、自宅からビジネスを成功させることができることです。

Video
  • , title : '【スタジオ紹介】ボーカル収録の流れ(上野ホムラサウンド)
    【スタジオ紹介】ボーカル収録の流れ(上野ホムラサウンド)

実際のところ、ビジネスの規模に応じて、2万ドル以下の低価格です。必要なのは、ビジネスを登録し、基本的に必要なスタジオガジェットを購入し(公正に使用)、ビジネスカードを印刷し、サービスを販売することだけです。ビジネスで利用可能な役割の半分以上。マネージャー、会計士、人事および管理責任者、販売およびマーケティング責任者、サウンドエンジニア、音楽プロデューサーなどを務めることができるはずです。

レコーディングスタジオのフランチャイズを購入するのに費用はかかりますか

実施された利用可能な調査によると、フランチャイズ化を目指している米国、英国、カナダ、およびオーストラリアには、完全に運用可能なレコーディングスタジオ事業はありません。この事業分野のほとんどのプレーヤーは、インターネットおよびメインストリームメディアを活用してビジネスをマーケティングおよび促進するための戦略を採用しています。

さらに、レコーディングスタジオビジネスをゼロから開始および運営するのが簡単です。既知のブランド名を活用せずに収益性を高める。人々は、ブランド名に頼ることに対するあなたの能力に基づいてあなたのサービスをひいきにします。

このページをブックマークできます

アンナ・コルネット

Author - American Business

View all posts by アンナ・コルネット →