ビジネスにおける競争優位性の20のベストソース

業界を支配しますか? 「はい」の場合、ビジネスにおける競争上の優位性の20の最高のソースがあり、それらを使用している企業の実際の参照があります。

ビジネスの世界は非常に競争が激しく、ここでは勝者がすべてを引き受けます。これが、企業が競合他社を最大限に生かすために、存続期間中常に苦労している理由です。厳しい競争に出会えなかった人々は、ほとんど常にレースからヘッジされるか、または価値があるならより良い競争相手に買収されます。

この理由のため、すべてのビジネスはユニークな競争力の開発に努めていますそれが属する業界に関係なく、戦いのチャンスをもたらす利点。

競争上の優位性がなければ競争しないでください。 – Jack Welch

競争優位性とは

一般的に競争優位性は、企業が競合他社に勝る優位性です。言い換えれば、競争上の優位性は、企業が競合他社よりも優れていることです。この利点は、低価格またはより高い価格を正当化するより大きなメリットとサービスを提供することにより、消費者に大きな価値を提供することで得られます。

その学習を迅速に学習し、アクションに変換できる組織は、究極の競争上の優位性です。 – Jack Welch

企業が競争上の優位性を維持できるほど、競合他社がその優位性を無効にすることは難しくなります。これが、企業が競合他社に対して開発した利点を保護するために懸命に戦う理由です。競争上の優位性は、コスト構造、優れたブランド、製品提供の品質、流通ネットワーク、知的財産、顧客サポートなどの形で現れます。

群衆、およびそれらの戦略で成功を収めた企業​​の実生活の例。

それらを使用している企業の実生活の参照を使用したビジネスにおける20の競争上の優位性の源生産プロセス

企業の組織と慣行は、競争上の優位性の最も強力な源の1つです。優れた方法で結果を出すことができれば、競争上の優位性を確実に享受できます。競合他社がプロセスとプラクティスを再現することは困難な場合があり、そのため、少なくともしばらくの間、それらはあなたにとってユニークになるでしょう。

  • 例:

1855年、発明者のヘンリーベッセマーは鋼の大量生産プロセスに関する特許を取得しました。このプロセスは非常に価値があったため、鉄の生産コストをトンあたり40ポンドからトンあたり6ポンドに削減しました。その後、歴史上最も価値のある特許の1つになりました。

ベッセマーは特許を販売することを決定しましたが、特許を購入することを決定した人物/会社はプロセスの実行方法を知りませんでした。特許には紙で表現するのが難しいとらえどころのない暗黙の知識が含まれていたため、彼はベッセマーのようにプロセスを機能させることができませんでした。

それは合法になりましたが、結局、ベッセマーは自分の製鉄所を経営することにしました。彼の会社は、世界最大かつ最も収益性の高い企業の1つになりました。これが可能になったのは、彼のビジネスプロセスを再現することが困難だったからです。

  1. 大量生産

一度に大量に生産する能力がある場合。その後、持続可能な競争上の優位性を獲得できます。同社は利益率を下げる必要があるかもしれませんが、大量販売と売上高によってそれを回収します。

、Fordは製品の大量生産を可能にする組立ラインを設立しました。そして、50年代に会社に大きな利益をもたらしました。 10年足らずで5,000万台以上の自動車を生産できたため、長い間市場を独占することができました。

  1. 人材

人々は、競争上の優位性を支える原動力です。従業員が他の人よりも革新、創造、生産、関係の構築に優れている場合、競争上の優位性を達成できます。

たとえば地盤を揺るがすイノベーションの後、地盤を揺るがすイノベーション、それは持続する価値のある競争上の優位性です。競合他社はあなたの製品をコピーできるかもしれませんが、彼らはあなたの人々をコピーすることは決してできません。ただし、企業にとっては、有能な従業員が密猟をすることに常に注意を払っています。

  1. 市場予測

企業が消費者が利用する可能性のあるものを予測できる場合、彼らは自分自身のために多くの競争上の優位性を得るでしょう。多くの企業が、常にトレンドを予測し、かつて存在しなかったニーズを作成することで、業界をリードしています。徹底的なマーケティングにより、これらのニーズが消費者の心に定着し、企業の製品とサービスに安定した市場が提供されます。

たとえば、Facebookは初めてのプラットフォーム定義済みのソーシャルネットワーキング。サービスを実行する方法により、人々はサービスへのキー入力を望んでいます。彼らは、長い間行方不明になった友人をつなぎとめておく必要性を予測し、その必要性を満たすサービスを作り上げました。実際、Facebookはすでに存在していなかったニーズを作成し、作成したニーズを満たしました。

  1. 持続可能性

持続可能性は競争上の優位性をもたらします。持続可能性を受け入れた企業は、そうでない企業よりも優れていることを示すレポートが作成されました。持続可能性は、企業がどれだけ成長し、拡大しても、その企業の価値を確実に維持します。持続可能性を受け入れた企業は、そうでない企業よりも大きな競争上の優位性を持っています。

ここでの例は、コカコーラです。コカ・コーラは炭酸砂糖の水を販売していますが、製品と品質の持続可能性を通じて、世界で最も価値のある有名なブランドの1つを構築しています。

  1. 経験

顧客がサービスを利用するたびに顧客のユニークな体験を提供することも、大きな競争上の優位性です。

スターバックスが良い例です。大半の人は、自社製品が競合製品よりもはるかに優れていないことを認めています。彼らが非常に成功している理由は、人々が製品の前払いの程度にまで高い頻度で彼らを愛用している理由です。

スターバックスはこれを知っており、それを受け入れています。同社は、店舗のコンテンツネットワーク、無料のWi-Fi、電話の充電ポート、専用の音楽リリースなどを提供しています。customers正しい単語だけでなく正しい順序で製品を注文するように顧客をトレーニングする会社はほぼ唯一です。

  1. ブランドイメージ

ブランドイメージの構築には時間がかかりますが、一度構築されると、顧客は信頼しますブランド、それは問題の会社にとって大きな競争上の優位性として機能します。また、ブランドを購入する顧客について前向きなことを言うブランドは、強力な競争上の優位性です。私たちは皆、ポジティブな個人的イメージを伝えたいと思っており、そのために好ましいブランドを使用する傾向があります。

たとえば、ナイキ。Nikeには、製品のユーザーに洗練度を与える素晴らしいブランドイメージがあります。同社は、履物分野の技術開発で頭を悩ませるのではなく、主にマーケティングを通じてランニングエクスペリエンスを生み出しています。

  1. 技術的進歩

テクノロジーの世界は他の何よりも先を争っており、企業は優れたテクノロジーを使用して独自のニッチを切り開いています。特定の製品の最初の発明者または革新者になることで、彼らはその製品の製造とマーケティングに対する独占的な権利を獲得します。この会社は、イノベーションを競争上の優位性として使用してリーダーシップを維持しています。

  1. 企業の評判

企業の闘争評判は消費者の忠誠心を生むため、さまざまな手段で自分自身の評判を維持します。企業の評判は、Price Waterhouseなどの企業が世界クラスの企業になるために活用した持続的な競争上の優位性の形態です。

  1. 低価格

企業がまだ失敗していない競争上の優位性は、低価格です。経済状況が悪いため、多くの人が割引が受けられる場所で買い物をすることを好みます。これが、Walmartのような企業が食料品市場の大部分を依然として保持している唯一の理由です。

  1. イノベーション

イノベーションは、競争上の優位性を獲得するもう1つの方法です。企業が絶えず新しいことを考えているか、新しい機能や製品をリリースしている場合、競合他社よりもずっと先を行き、業界のトレンドをリードすることさえあります。

、Googleはナンバーワンの検索エンジンと最適化検索に最適なウェブサイトで、すぐに最も正確な結果を返します。 Googleは、Google Search、Gmail、Google Finance、Google Docsなどの革新的なサービスを提供することで競争上の優位性を達成しており、信じられないほど強力なインフラストラクチャを維持し、インターネット市場の70%を占めています。

  1. 戦略的アライアンス

戦略的アライアンスを形成することは、ビジネスにとってこれまで評価されなかったルートが開かれるため、ビジネスにとって非常に有益です。ほとんどの企業は、ビジネスの世界のどこにでも自分の能力に乗ることができないため、アライアンスを形成する必要があります。提携していない他の競合他社のほとんどのアライアンスは失敗に終わりましたが、固まるアライアンスは組織にとって大きな競争上の優位になります。

たとえば、SpotifyとUberは天才パートナーシップと呼ばれます。Uber車に入ると、お気に入りのプレイリストに歓迎されます。これは付加価値を提供し、Uber車に競争上の優位性と排他性のソースを提供します。 Spotifyの場合、Pandora、iTunes、またはYouTubeにはないプレミアムレベルにアップグレードするためのインセンティブを提供します。

  1. 市場への浸透

ビジネスにおける成長戦略の1つは、市場への浸透です。小規模企業は、既存の製品を使用しているのと同じ市場内で販売することを決定するときに、市場浸透戦略を使用します。既存の製品と市場を使用して成長する唯一の方法は、市場シェアを増やすことです。市場シェアとは、特定の市場内で会社が保有する売上高とドル売上の割合を他のすべての競合他社と比較したものです。たとえば、マクドナルドは、スピードサービスなど、他のクイックサービスレストランと同様のサービスを提供していますが、最初の大規模な市場浸透戦略により、大きな市場を獲得することができました。

  1. 独占的な再販売または流通権

独占的な流通権を保持することは、持続的な競争上の優位性のもう1つの源泉です。サプライヤー製品を運ぶ特定の地理的領域内の権利。企業が特定の地域内の製品に対する独占的権利を保有している場合。その製品は、そのような権利のディストリビューターまたは所有者からのみ調達できます。

これよりも優れた競争優位プロセスはほとんどありません。独占販売契約の例としては、テキサスのLaser Shot、Inc.とカナダのLamperd Less Lethal、Inc.の間で締結されたものがあります。 Laser Shot、Inc.は前腕シミュレーターを開発し、Lamperd Less Lethalがテキサスでこれらのアイテムを販売するライセンスを取得した唯一の会社でした。

  1. 組織文化

組織文化は、組織の共通の習慣、行動、信念、使命、規範、およびシンボルであると言われています。組織構造が競争上の優位性の源泉となるには、従業員に共通の使命が必要です。あなたは地球上で最高かつ最も明るい労働力を持つことができますが、彼らに共通の使命がなければ効果はありません。効果的な文化は、有意義な結果を生み出すことに従業員のエネルギーと能力を集中させます。

企業文化を競争上の優位性として使用している会社の例はTwitterです。 Twitterの従業員は、屋上でのミーティング、友好的な同僚、各人が会社の目標に動機付けられているチーム指向の環境など、会社の文化について絶賛することを止めることはできません。これらだけでなく、ヨガのクラス、休暇、およびブランドへの忠誠心を維持するのに役立つさまざまなその他の特典を取得します。

  1. 販売方法

デルは、仲介業者を排除してPC業界を変革しました。消費者の嗜好性を高め、競合他社の価格を引き下げるために、直接販売チャネルに投資しました。セールステクニックの革新により、コストを削減しながら新しい市場を切り開くことができます。

  1. 市場の応答性

市場の応答性は特に製品を小売する企業にとって、大きな競争上の優位性です。同社は、消費者の要求に迅速に対応できるか、ニーズを予測できる必要があります。 HMは世界で2番目に大きい衣料品小売業者であり、滑走路からデザインを驚くほど迅速に店舗に持ち込み、衣料品が棚に届くまでの6か月の待ち時間を無視しています。

  1. 会社の柔軟性

今日のビジネス環境における製造会社の成功は、絶えず変化する市場に遅れずについていく能力にかかっています。迅速に変化する能力は、Microsoftが世界最大のソフトウェア会社になるために活用した、持続的な競争上の優位性の強みと源です。

20。スピード

ビジネスは、スピードを使用して競争上の優位性を獲得できることにすぐに気付きました。スピードには、市場投入までのスピード、迅速な配達、迅速なサービスが含まれます。最も重要なことは、物事がスピードで行われることです。ビジネスが競争よりも速く何かをすることができるときはいつでも、彼らはある程度の成功を経験しようとしています。この速度の必要性を克服した企業はAmazon Primeです。

配送サービスで非常に効率的かつ正確であるだけでなく、速度が主要な優先事項です。同社の主力の有料会員サービスであるAmazon Primeを介して、顧客はPrimeの対象となるすべての製品で2日間の配達を保証できます。

  1. 製品の差別化

差別化とは、企業が競合他社と差別化するためによく使用する戦略です。自分自身を差別化するビジネスは、通常、競合他社と区別できる1つ以上の市場性のある属性を探します。

次に、それらの属性または製品を必要とする市場のセグメントを見つけます。このプロセスは、消費者が最も重要だと思うものを決定し、それらの製品または特性のニッチ市場を開発するために研究を行う企業との別の方向でも機能します。

Whole Foodsは食料品を超えてさらに発展するスタッフがコンテンツジェネレーターやソートリーダーにまとめて、マーケティングチームをハイテクに精通したマーケティング担当者と従来のマーケティング担当者の両方にしています。

結論として、企業が企業に対して競争上の優位性を獲得できる方法は他にもたくさんあります同じ事業分野で。優れた製品または顧客サポート、参入障壁、ローカリゼーション、ビジネスプロセス、生産システム、技術的進歩、従業員の関与、コストリーダーシップなども試行され、信頼された方法です。

企業が得意なことを見つけ、競合他社よりもうまくやるように努力します。

Video
このページをブックマークできます

アンナ・コルネット

Author - American Business

View all posts by アンナ・コルネット →