カヤックレンタルビジネスの開始

カヤックのレンタル会社を始めたいですか? 「はい」の場合、ここではお金も経験もないカヤックレンタルビジネスを開始するための完全なガイドがあります

わかりましたので、詳細なサンプルカヤックレンタルビジネスプランテンプレート。また、カヤックレンタルビジネス向けの実用的なゲリラマーケティングアイデアに裏付けられたサンプルカヤックレンタルマーケティングプランを分析および起草することで、さらにそれを実現しました。この記事では、カヤックのレンタル事業を開始するためのすべての要件を検討します。起業家の帽子をかぶって先に進みましょう。

カヤックレンタルビジネスを始める理由

世界中に出かけるのが好きな人がいます。レクリエーションや運動の基本的な理由のための水、これらの中にはカヤック愛好家がいます。これらの人々が休暇に出かけたり、滑らかで澄んだ海にいることでもたらされる通常の快適さを楽しむために、カヤックをすぐに借りることができる場所があれば支払われます。彼ら自身。

これにより、起業家がカヤックレンタルビジネスを開始するための基礎が得られます。この娯楽を楽しむ人は、カヤックの購入や輸送のコストを心配することなく、必要なときにいつでもこの身体活動の喜びを探ることができます。

カヤックのレンタル事業を始めるつもりなら、彼または彼女が水路に精通していることが重要です。これにより、クライアントに何かが発生した場合、または何らかの理由でクライアントが失われた場合、簡単に見つけることができます。または、さらに良いことに、水路の知識により、スーパーバイザーは顧客がどこから離れるべきかについて顧客に助言することができますカヤック。安全のため、これらのカヤックを使用するために来た人には、たとえこれを経験していても、迅速なトレーニングを行う必要があります。

このトレーニングは、アクティビティを楽しく安全にするほとんどの安全手順をさらに強調します。これは、航空ホステスのフライトの安全性のヒントによく似ており、フライトが離陸しようとするたびにホストが与える義務があります。提供するサービスや製品を楽しんでいる間に命を失うという汚名を欲するビジネスはないので、これは注意すべきことです。

これとは別に、このタイプのビジネスを始めたい人は、このようなビジネスを法的に運営する前に、さまざまなライセンス、許可、法的文書を用意する必要があります。この種のビジネスを取り巻く危険性があるため、適切なライセンスになると、彼らはティーを越えて「私」にドットを付ける必要があります。

開始前に行うその他の予備作業は、ビジネスを確実にすることです。が登録されており、すべてのアプリケーションがビジネスが税制に準拠していること、および当座預金口座がビジネスに対して開設されていることを確認しています。これに加えて、適切な実現可能性調査を行って、これが所有者または投資家にとって最適なタイプのビジネスであるかどうかを確認する必要があります。

カヤックレンタルビジネスの開始完全ガイド

  • 業界の概要

このビジネスについて最初に理解する必要があるのは、季節ビジネスであることです。そのため、基本的には特定の時期の「労働者の日」から正確に「記念日」まで、このタイプのビジネスの他の収入源を探すこと。このタイプのビジネスに影響を与える傾向は、季節性が高いこととは別に、ライフスタイルタイプのビジネスであるということです。

したがって、利益がそれを開始する主な理由である場合、いくつかの真剣な仕事があります収益性はこのビジネスで達成するのが難しいので、スポーツへの情熱が利益よりもこのビジネスを始める主な焦点であることをお勧めします。

通常の成功した経営では、ビジネスオーナー運用コストを支払うのに十分なお金を稼ぐことができます。これを達成するには、所有者が他の自治体と協力して、コミュニティ内で公共または民間のいずれかの収益性の高いパートナーシップを構築する必要がある場合もあります。有料のカヤックレッスン、イベント、または競技会の契約。これらは、ビジネスにお金を生み出し、ビジネスに対する認識を高めることができます。

場所もこの種のビジネスの主要な要因です。安全な湖や川がないこのタイプのビジネスを始めるのは理にかなっていないでしょう。この市場に影響を与えると見られている主な傾向の1つは、カヤックに関係するフィットネスの傾向です。

ビジネスオーナーがより多くのビジネスを生み出そうとする場合、カヤックのフィットネスの利点をもたらすことをお勧めします。公共。これがコミュニティにうまくいけば、季節が過ぎてもビジネスはより多くの常連客に会い始めることができます。

ウォータースポーツ活動の増加に伴い、ほとんどのカヤック愛好家や初心者でも買うよりも雇うことを好む、これは主要な市場ドライバーの一つとして機能します。ビジネスを収益性にまで成長させる速度が遅いため、所有者は、即時請求書をすぐに処理できるように、現金のみのプロセスで運営することをお勧めします。

カヤックレンタルビジネス市場調査の開始とフィージビリティスタディ

  • 人口統計学およびサイコグラフィックス

カヤック愛好家とは別に、ビジネスオーナーは週末に集中できますスリルを求める人;週末や特別な日をより思い出深いものにする方法を探している人。これらのタイプの日になると、ビジネスには両方のパッケージを1つにまとめる他の種類の魅力を持たせることをお勧めします。おそらくダイナーのようなもので、このような人口統計は素敵なカヤックセッションの後に噛むことができます。

この種のビジネスがターゲットにできる別の人々のセットは、休日または休暇中の人々です。休暇中に行うことは非常に活気のある活動になります。カヤックで休暇コースを提供することで、ビジネスはそれを利用してイベントを作ることができます。えんそく。周辺の学校では、体育プログラムの一環としてカヤックに行く日を設けたり、学校の課外活動の一環としてカヤック競技を開催することもできます。

カヤックレンタルビジネス内のニッチアイデアのリストあなたが専門とすること

この種のビジネスに参入するときに専門とすることができる主要なニッチの1つは、カヤックの方法を人々に教えることです。この種のビジネスの主な収入源としてトレーニングを重視することは、季節的であるため、ビジネスの定期的なキャッシュフローを生み出すのに大いに役立つ可能性があります。

、カヤックでの継続的なコースと、水泳、川の安全、CPRなどの関連機能、または取引を希望するカヤックインストラクター向けのトレーニングを提供することもできます。

自分のニッチを見つけることは、ビジネスが市場で独自の存在感を生み出すのに役立つため、非常に重要です。ニッチが実行されるユニークな方法が原因で、ニッチが他の人がコピーできないものである場合、ニッチはそれ自体が競争上の優位性の源泉となります。したがって、個人的なニッチを求める主な理由の1つは、それを業界内の競争力として使用することであると言っても差し支えありません。

カヤックビジネスの競争レベル>

競争のレベルは、主要な娯楽の一部がカヤックをしている都市を除き、予想されるほど高くはありません。それに対処するための競争がありますが、それでも、競合するブランド間の闘争のレベルは他のビジネスに比べて穏やかです。ユニーク。さらに、さまざまなタイプの人々がさまざまなものを楽しんでいるため、顧客が選択できるオプションは非常に多様です。

業界の有名ブランドのリスト

-既知のブランドは、あなた自身のビジネスのモデルとして役立ちます。彼らから多くのことを学ぶことができ、また、そうでなければ新しい参入者に失われる可能性のある市場情報への洞察を与えることができます。これらの有名なブランドのいくつかは、市場動向のペースを決めることができるため、業界の偉大なインフルエンサーになる可能性があります。したがって、以下は米国の主要なカヤックレンタルビジネスまたはブランドの一部です。

  • Diamond Brand Outdoors
  • エコマリンパドルスポーツセンター

経済分析

ビジネスを開始するには、特にゼロから開始する場合は中程度からかなりの初期資本が必要です。使用済みのカヤックを購入することでコストを節約できます。カヤックは、他のアイテムのお金を節約するために、まだ良好な状態です。あなたの財政に深く食い込むことができる別の活動は、カヤックのレンタルビジネスの標準を確立するために必要なすべての許可、ライセンス、保険、および認証を取得することです。

所有者は、車両の購入、リースオフシーズンの長期保管スペースの検索は言うまでもなく、建物またはオフィススペースの。そのため、そのようなビジネスへの投資が価値があるかどうかを知るために、適切な実現可能性調査を行うことをお勧めします。特に、ほとんどの場合、利益を実現するのは難しい場合があります。ゼロからのビジネスとフランチャイズの購入

フランチャイズの機会がある場合は、既に構築されたビジネスモデルを使用することで得られる利点があるため、このオプションを検討することをお勧めします。このタイプの設定では、ほとんどの学習曲線はすでに経験されているため、日々のアクティビティをナビゲートし、ビジネスの成功レベルを維持するだけです。

できる場合は改善できますモデルをより進歩させるために、つまり、元のフランチャイズがフランチャイジーによる変更を受け入れる場合です。フランチャイズを購入することの重要な利点の1つは、フランチャイズとバイヤーによって促進されるメンターメンティー関係の一種です。これは、買い手が以前にこの種のビジネスを行ったことがない場合に開始する最良の方法です。 、ただし、経験の不足により多くの時間が失われる可能性があります。新しい顧客ベースやフランチャイズがすでに地上に持っている他の構造を構築する段階は言うまでもなく、試行錯誤の段階がある可能性があります。

あなたが直面する可能性のある脅威と課題カヤックレンタルビジネスの開始

天気は、このタイプのビジネスへの参入を検討する際に予想される主要な課題の1つです。カヤックが最適であると予想される特別な季節があったとしても、変化するかどうかは予想外である可能性があります。

天気はまだ予測不可​​能であり、これは大雨、暴風雨、ハリケーン。過酷な気象条件の場所にこのタイプのビジネスを設定する場合、ほとんどの人がそのような場所でカヤックに行くのが危険であるため、多くの収入が得られないと言うのは安全です。

別の課題この種のビジネスに関連付けることができるのは政府の政策です。政府は随時、船業界のすべての人々に影響を与える可能性のある条件を変更できます。これらのポリシーは、このタイプのビジネスの運用が認定される前に満たされなければならない特定の新しい条件に関係している可能性があります。さらにもう1つの課題は、直接的な競争です。

カヤックレンタルビジネスの開始法的な問題

  • これに使用するのに最適な法人事業の種類

このサービスの運営を選択する法人は、所有者によって予測される見込みに依存します。適切な実行可能性調査が行われ、このビジネスが全国規模のビジネスに拡大できることが理解されている場合、有限責任会社を使用するのが最適です。

これは、ビジネスに多額の資金を受け取る機会を与えます。したがって、彼らの努力が導く限り成長し拡大する可能性を高めます。また、この事業体は、そのような措置を必要とする問題が発生した場合、事業主を訴訟から保護します。

キャッチーなビジネス名のアイデアカヤックレンタルビジネスに適しています

名前で?まあ、たくさん、特にこのようなビジネスのために。名前とは別に、ロゴまたは商標の一般的なデザインは、見込み客に何を期待するかについての強力なアイデアを与えるだけでなく、ブランドとのビジネスを行うように彼らを誘うべきです。これはライフスタイルビジネスなので、名前はカヤックに伴う余暇、楽しさ、またはスリルを反映する必要があります。また、フィットネス中心であるため、スポーティーに聞こえる名前は非常に耳にとどまります。

また、他の人によって採用されていない一意の名前を選択することが重要であることを指摘しておくと安全です会社は、創造的なひねりを除いて、ビジネス名を別の人気ビジネスのように聞こえるようにします。これは、すでに人気のあるもののように聞こえるので、新規参入者がすぐにビジネス名を覚えるようにするマーケティング戦略の一種として役立つかもしれません。

いずれにしても、ビジネス名を選ぶときは、興味をそそります。したがって、独自のカヤックレンタルビジネスを開始するときに使用する名前を検討している場合は、以下の名前を試してみてください。

  • Splash Outdoors
  • Kayak Ville
  • Water Weave Centre
  • Sploosh Splash Kayaks
  • 屋外パドルット

保険ポリシー

保険契約は、規制機関からのセキュリティと、事業運営中に不快なイベントが発生した場合のセーフティネットの両方として機能します。カヤックは専門家でも危険ですので、予期しない事態からビジネスを保護するために事業主が適切な保険に加入する必要があります。

カヤックを開始する場合は、購入を検討する必要がある基本的な保険契約の一部アメリカ合衆国のレンタル事業は、

    • 損害保険
    • インストラクター保険
    • 船体財産保険
    • アウトフィッター保険
    • 支払保護保険
    • 間接費障害保険
    • 信用保険
    • 預金保険
    • リスク保険

>

  • 賠償責任保険
  • 健康保険
  • 労災補償
  • 事業主の保険グループ保険

知的財産保護/商標

この種のビジネスでは、知的財産保護の必要はありません。ただし、商標の保護は、ビジネスロゴが侵害されないように保護するために行うことができます。

カヤックレンタルビジネスを運営するには、プロフェッショナル認定が必要ですか?

このようなビジネスを所有して運営する前に専門の証明書が必要ない場合、事業者はCPRと救急キットの使用方法を理解する必要があります。このビジネスの運営者が受講する場合と受講しない場合がある特定のトレーニングがありますが、受講する場合は、ビジネスのさまざまな課題に備えた方がよいでしょう。船乗りの安全コース。繰り返しますが、これらは特に水上救助認定が消防士向けであり、ボートの安全コースは釣りに行く人向けであるため、これらの要件はありませんが、これら2つのトレーニングコースから得られる情報は、緊急時に非常に役立ちます。

カヤックレンタルビジネスを運営するために必要な法的文書のリスト

米国で独自のカヤックレンタルビジネスを運営する場合に備えておくべき基本的な法的文書の一部;

  • 法人設立証明書
  • PAローンチ許可証
  • 運用契約
  • ビジネスライセンスおよび認証
  • 事業計画
  • 保険ポリシー
  • 雇用契約
  • 非開示契約
  • LLCの運営契約
  • 雇用主識別番号(EIN)
  • オンラインプライバシーポリシー文書
  • 会社定款
  • 了解覚書

資金調達カヤックレンタルビジネスess

この世界のほとんどすべてがお金で動いているので、考えるべき重要なことの1つは、新しいベンチャーの資金調達方法です。ほとんどのビジネスヘッドにとって、資金調達の課題は大きなものです。自分のビジネスアイデアに誰を投資するかを探す前であっても、投資家に自分のお金が適切な場所に行き、投資に見返りがあると確信させるために、多くの宿題が既に行われている必要があります。

ローンが申請された場合も同じことが言えます。ローンを発行する前に、ローン機関は適切な担保を求めます。そのようなローンが承認される前に、申請者はローン機関によって行われた他のバックグラウンドチェックに合格しなければなりません。いずれにせよ、これらの資金調達に関連する課題には常に回避策があります。

カヤックレンタルビジネスのスタートアップ資金を探す際に検討できる資金調達オプションには、次のものがあります。

  • お金を調達するために、売却可能な株式または金融市場証券がある場合、これは良い考えです。
  • 保存したものからお金を取ります。
  • 自分が所有する可能性のある他の資産や財産を売却するか、それがより良い選択肢である場合は単純にリースします。
  • 会社の株式を投資家に売却できます。
  • ソフトローンを回収できます家族や友人から。
  • 銀行から融資を受ける。
  • ビジネスをパートナーシップまたは合弁会社にすることができます。
  • 天使の投資家

カヤックレンタルビジネスに適した場所の選択

このタイプのビジネスの場所を選択する際には、考慮すべき特定の事項があります。通常、このタイプのビジネスは、顧客がカヤックを簡単に雇って使用を開始できる川や湖の近くに設置されます。この場合、所有者はカヤック用の保管スペースを考慮する必要があります。もちろん、ピークシーズンになるとカヤックはオープンのままになる可能性がありますが、ダウンシーズンの場合は所有者が保管スペースをリースまたはレンタルする必要がある場合があります。

所有者が施設が建設されている土地も所有しているので、家賃やリースを心配する必要はありません。一方、そうでない場合は、家賃を考慮する必要があります。注意すべきもう1つの点は、多くのクライアントが採用後に変更する場所を必要とすることです。

そのため、助けとなるトイレを建設するか、管理棟自体の一部にする必要があります。カヤックレンタルビジネスの場所を選択する前に考慮する必要があるその他の重要な要素;

  • 州の規制
  • 場所の人口統計
  • 近接場所と湖または川の間
  • アクセシビリティ
  • セキュリティ
  • 駐車スペース

カヤックの開始レンタルビジネスの技術および人材の詳細

これは、1人のビジネスにすることはできません。オーナーがこのビジネスを最高の状態で運営することを望む場合、何らかのタイプのサポートスタッフを雇う必要があります。これらのスタッフはパートタイムでもフルタイムでも構いません。これは、このタイプのビジネスの季節的性質によるものです。

これらのスタッフは、カヤックのメンテナンス作業を実施し、旅行ガイドおよびアドホックインストラクターになります。また、カヤックの配達と受け取りを必要とする可能性のある特別な顧客のために、車両ドライバーが必要になります。管理者側では、簿記係/会計士、ビジネスマネージャー、施設清掃員、弁護士、マーケティング担当者などを雇う必要があります。

取得する必要がある機器所有者には、パドル、個人用浮き具、パドリング寒い日と通常の日用のジャケット、車両、トラック、カヤック。テーブル、クリップボード、机、電話、コンピューターなどのオフィス機器もリストを構成するアイテムです。

カヤックレンタルビジネスのサービス提供プロセス

この種のビジネスでは、顧客のニーズとビジネスの構造に応じて、30分から数週間のレンタルが行われます。顧客がカヤックを雇いたいと思うとき、彼らはビジネス管理事務所に現れ、必要なフォームに記入し、身分証明書の様々な文書を提示します。雇用期間が合意され、支払い、できれば現金が支払われたら、クライアントはすぐにカヤックを拾うか、指定された時間に戻ってカヤックを拾うことができます。

クライアントの使用は、ビジネスが位置する指定された湖や川から遠く離れている場合、カヤックはクライアントの指定された場所に輸送することができます。これが採用されたオプションである場合、輸送のために追加料金を支払う必要があります。クライアントは、カヤックの使用を終えると、提案された日時にそれを返します。

カヤックレンタルビジネスの開始マーケティングプラン

  • マーケティングのアイデアと戦略

マーケティングのための適切な予算がなければ、企業はその運営コストに見合うだけの収益を上げることができないオペレーション。これに基づいて、事業主、管理者、マーケティング担当者、および事業開発管理者は、企業とのビジネスを行うよう促すために、ブランドを意図した公衆に正確にもたらす方法についてブレーンストーミングする必要があります。

ビジネスこのように、実際にカヤックトーナメントやカヤックを伴う一般的なスポーツトーナメントを開催できます。これは間違いなくコミュニティ内のさまざまな組織とのパートナーシップであり、企業にブランドを販売する機会を与えます。この種のビジネスのマーケティング方法には他にもアイデアがあります。その一部を以下に示します。

  • ラジオ、テレビ、地元の新聞や雑誌に広告を掲載します。
  • ローカルディレクトリに配置します。
  • 黄色のページも、目的の目的に役立ちます。
  • セミナーや博覧会、特にウォータースポーツ、フィットネスなどに関連するものに参加します。スポーツテーマ。または、ターゲット市場の大半を占めるこれらに注目してください。
  • ダイレクトマーケティングを行うビジネス開発者を雇用する
  • インターネットでビジネスを宣伝する
  • 割引やプロモーションを実施する。

顧客維持率を高める可能性のある方法

顧客維持は、成功するビジネスを運営する上で最も重要な側面の1つです。たとえ企業の提供が高価ではなくても、最初の購入よりもはるかに多くの購入を繰り返します。ビジネスオーナーは、既存の顧客を維持するための創造的な方法を考慮する必要があります。

そのような方法の1つは、通常の顧客またはクライアントに割引を提供することです。顧客を維持するもう1つの方法は、顧客が失礼な顧客サービスでビジネスから逃げるので、顧客サービスが一流であることを確認することです。

ブランド認知度を高め、企業アイデンティティを作成する戦略

このビジネスの上記の課題により、ブランドキャンペーンの音量を使用して、コミュニティの人々に対するビジネスの重要性を強調することが重要です。

通常、これらのブランド認知戦略はすぐに結果を生むことはないかもしれませんが、すぐに多くの人がメッセージを受け取り始め、時が来たりシーズンが始まると、彼らは意識を決してエンゲージしていない場合よりも数倍の顧客を獲得できますキャンペーン。

また、この意識向上キャンペーンを使用して、このビジネスをご利用いただいているお客様のさまざまなメリットを伝えることができます。以下は、ブランドを強化してビジネスを宣伝するために活用できるプラットフォームです。

  • オンラインは新しいフロンティアです。デジタルマーケティングを主要な戦略的業務の1つにしましょう。
  • 広告
  • ロゴやその他の広告を含むすべての公式車両をブランド化してください。
  • ほとんどの場合、スタッフはビジネスブランドの服を着用し、インストラクターや技術者はこれらを常に着用する必要があります。
  • モバイルアプリを利用可能にする
  • 口コミはまだ非常に強力です。奨励してください。
このページをブックマークできます

アンナ・コルネット

Author - American Business

View all posts by アンナ・コルネット →